動画

核家族は既に機能していないという指摘、なぜ核家族は失敗したのか?


現代の日本では「夫婦だけ」「夫婦とその子ども」「母親または父親と子ども」といった核家族が全世帯の約半分を(PDFファイル)占めていますが、歴史的に見て核家族が成功したのは短い期間だけであり、既に機能していないという指摘があります。なぜ核家族が「失敗」モデルなのか、そして未来のある新しい家族の形とは何なのかを考察したムービーが公開されています。

How the Nuclear Family Broke Down - YouTube


長い間、アメリカでは家族の単位として、「男女の夫婦と2.5人の子ども」という核家族が一般的な家族の形として思い浮かべられてきていました。


しかし、このような核家族はアメリカではすでに成り立たなくなってきています。作家のデイビッド・ブルックスさんは、「私たちは今、古い家族観による、文化的停滞の状態にあります」と語っています。


ブルックスさんによると、歴史的に、家族とはそもそも農業を営むための経済的単位でした。1800年代、アメリカの労働者のうち75%は農家で、残りの25%は家族でビジネスを営んでいました。


アメリカ南部では、アフリカ系アメリカ人は奴隷として家族がばらばらに暮らさざるを得ない状態でしたが……


そのほかは夫婦と子どものほか、兄弟夫婦など、世帯主夫婦以外の夫婦が同居する拡大家族として暮らしていました。拡大家族は大人数で暮らすため、一部の人間関係が崩れたり、誰かが死んだりしても、別の誰かがその穴埋めを行いました。


ヴィクトリア朝にあたる1837年から1901年ごろの間、アメリカとイギリスにおいて拡大家族はピークを迎えました。この時代、それ以前より、そしてそれ以降よりもずっと多くの家族が拡大家族として暮らしていたとのこと。これは当時、人々が経済的にも道徳的にも不安を抱いていたことが理由だそうです。


拡大家族は経済的ユニットとしてだけではなく「道徳的ユニット」としても機能しました。子どもたちはこのような環境の中で、伝統的な価値観や、善悪の観念を学んでいったとのこと。


その後、19世紀後半から20世紀にかけて、アメリカの大都市で工場が増加すると……


若者たちは実家を離れ、都市に出て夢を追いかけるようになります。


戦後である1950年代に核家族は増加しはじめ、1960年までにその数は圧倒的になります。


1960年代には子どもの78%近くが核家族として育ち、社会には「核家族になるべき」というプレッシャーすら存在したとのこと。


しかし、核家族の成功には、実は戦後特有の要因が関わっていました。


当時、給料は増加傾向にあったので、男性1人でも家庭を支えるだけの十分な収入を得ることができました。


このため、家事は女性に任せることができたのです。


人々は労働組合に入り、教会に入り、社会を信じることができました。


しかし、このような時代は1965年には終わりを迎えます。そして、1950年代には熱狂的に支持された核家族が、今度は逆にストレスの原因となることに。


1967年から2017年にかけて、アメリカでは1人で暮らす人の割合が2倍になりました。


そして結婚年齢の中央値は男女共に上昇。1960年代と比べると、男性は22歳から30歳に、女性は20歳から28歳になりました。


出産率も1970年代に激減してからというもの、緩やかな減少傾向にあります。


核家族では家族の人数が減ったため、1人でこなさなければならない家事が増加しました。家事の分配は家族内で不平等なことが多く、現代でも女性は家事・育児に多くの時間を割かなければならないという状況です。


「裕福な人々はお金で労力を買うことができるため、拡大家族から核家族への移行は『自由を得ることができる素晴らしいもの』になりますが、裕福ではない人にとってはそうではありません」とブルックス氏。


アメリカでは拡大家族は全体の11%にとどまりますが、世界的にみればまだ38%が拡大家族として暮らしています。


ガンビアでは平均して家族は13.7人で構成され……


メキシコでは最大70人の親族がグループで生活しています。


もちろん、拡大家族にもデメリットはあります。大勢で一緒に暮らしているため1人になることができず、プライバシーはなく、女性は台所に閉じ込められ毎日25人分の食事を作っていました。このようなデメリットがあるからこそ、人々は家族のサイズを小さくしようと試みたのです。


そして、ブルックスさんは、ここ数十年の家族の形として、「選択した家族」が見られていることを興味深い点として挙げています。「選択した家族」の出現は1980年代、サンフランシスコのゲイやレズビアンのコミュニティにまで遡ります。


これらのコミュニティの人々は核家族の崩壊により、家族を持たない「漂流」状態であるケースが多くありました。このような人々が集まって再び家族となったのです。


「選択した家族」はさまざまな課題や現代生活のいいところを共有し、より公平であろうとします。


「私たちはもっと、愛を他人にまで広げる必要があります。もしそのような機会がないのならば、何かが間違っています。家族は保護や無条件の愛を与える場所です。あなたが持つ繋がりは取引でも、ボランティアでさえありません」


「新しい家族の形は、生物学的な方法、生物学的ではない方法のいずれにおいても広がっています。これは社会にとって大きな希望だと私は考えています」とブルックス氏は述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
結婚せずに親と同居する若者がアメリカで大幅に増加しているという指摘 - GIGAZINE

近親婚の禁止から西欧の個人主義が広まったという説が提唱される - GIGAZINE

思春期に家族と良好な関係を築いていた人は後の人生でうつ病になりにくい - GIGAZINE

「レンタル家族サービス」を外国人が体感した感想とは? - GIGAZINE

どんな人がどんな職業の人と結婚しやすいのかを350万世帯の大規模調査のデータから可視化するとこうなる - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.