レビュー

18~34歳の人々がこの40年でどのように変わったのかがわかる「Young Adults Then and Now」


人口や収入から「1人暮らし」「家族と同居」「結婚経験なし」など、アメリカの18歳から34歳の人々がどんな暮らしをしているのかを可視化したのが「Young Adults Then and Now」です。国全体・州・郡などに区分した細かなデータを見ることが可能なので、「話にはよく聞くニューヨーカーの実態はどんなものか?」ということを見てみました。

Young Adults Then and Now - Census Explorer
http://census.socialexplorer.com/young-adults

まずはトップ画像にある緑色の「Explore!」をクリック。


すると、アメリカに焦点が当てられた世界地図が表示されました。


始めアメリカは州ごとに分けられているので、まず「NY(ニューヨーク)」という区画をクリックしてみると、画面下半分にグラフが現れました。これは18歳から34歳までの人口推移を示したグラフ。青色のグラフがニューヨークのデータで、紫色がアメリカ全体。いずれも人口は減少しており、少子化傾向にあることが分かります。


グラフの上には「アメリカ全体のデータと比較する」というボタンがあるので、デフォルトの状態でオンになっているこのボタンをオフにすると、ニューヨークだけのデータが表示されます。


18歳から34歳のフルタイムワーカーの収入の中央値の推移は以下のような感じ。アメリカ全体として見てもニューヨークだけ見ても、1980年から2000年までは増加、それ以降は減少傾向にありますが、常にニューヨーカーの方が収益が多いことが分かります。


両親と共に住んでいる18歳から34歳はこんな感じ。ニューヨークの割合がアメリカ全体よりも高いのは、家賃の高さが原因かもしれません。


貧困だとされている18歳から34歳の割合は、1980年のニューヨークは多かったのですが、現在はアメリカ全体よりも少なめで約17%です。


結婚したことがないニューヨーカーは2013年の段階で約70%。アメリカ全体では65%程度です。


アメリカ全体とニューヨークでかなり差がでたのが学士号を持っている人の割合。


退役軍人の数は全体的に減少傾向であり、ニューヨークでの割合は2%未満とかなり少なめです。


なお、右上にある「Show Full Report」をクリックすると……


グラフがズラッと一覧表示されるようになります。


各データの表示方法も変更可能。さきほどまでは「Chart」だったわけですが、「Table」をクリックすると詳細な数字の変化が分かりやすく表示されます。


「Map」をクリックすると、グラフなしで地図と数値の両方が表示されました。


またトップページでは州ごとに区分されたものだけではなく、アメリカ全体の地図やデータを表示させることが可能。


「Metro」をクリックすると、地下鉄の区分に沿ったデータ。


「County」は郡ごとのデータを表示させることができます。


検索欄から特定の地域のデータを表示させてもOK。


なお、画面右上の「Download」をクリックすると、XLS形式とCSV形式でデータを出力することも可能です。


リンクの貼り付けのほか、Facebook・Twitter・Google+・Pinterest・Tumblrのシェアボタンも用意されていました。

・関連記事
さまざまな政府統計データを見まくることができる無料アプリ「アプリDe統計」 - GIGAZINE

ネットに関するあらゆるデータを分析した「インターネットトレンド」2014年度版でわかること - GIGAZINE

すごい講演で有名な「TED」から学ぶ統計的に最高&最低プレゼンの条件 - GIGAZINE

統計データで振り返るFIFAワールドカップ・ブラジル大会 - GIGAZINE

インターネットの出現と進歩でかつての日常がどのように変化したかがわかる「リ・イマジネーション(再構築)」 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logq_fa