レビュー

無料&超簡単にパスワード付きのURLを作成できるオープンソースなウェブサービス「Link Lock」レビュー


DropboxやGoogle Driveといったクラウドストレージにアップロードしたデータを共有する場合など、URLを誰かに伝えることは日常的な行いです。無料で公開されているオープンソースサービス「Link Lock」を使うと、簡単にURLにパスワードをかけることができます。

Link Lock - Password-protect links
https://jstrieb.github.io/link-lock/create/

GitHub - jstrieb/link-lock: Distributed application to password-protect URLs using AES in the browser
https://github.com/jstrieb/link-lock

さっそくウェブサイトにアクセスすると、URLやパスワードを入力する画面が表示されます。


パスワードをかけたいURLを入力して……


必要な場合はヒントを入力。


パスワードを入力します。


「ADVANCED」をクリックすると、暗号化に関する追加の機能を利用することが可能。Link Lockは暗号化アルゴリズムとしてAESを利用しており、赤枠のボックスにチェックを入れることで、ランダムな初期化ベクトルやソルトを利用することができます。


URLやパスワードの入力が完了したら「Encrypt」をクリック。


すると、Link Lockによって暗号化されたURLが出力されました。「Copy」ボタンをクリックすればURLのコピーが、「Open in New Tab」ボタンをクリックすれば新しいタブでURLを開くことができます。


出力されたURLにアクセスすると、パスワードの入力を求める画面が表示されました。


パスワードを入力して「OK」をクリックすると……


きちんとウェブサイトが表示されました。


パスワードを間違えた場合は以下の画面が表示されます。「Try again」をクリックするとパスワードの再入力が可能。「Lock a link」をクリックすると、Link Lockのウェブサイトに戻ります。


ヒントの設定を工夫すれば、CAPTCHA認証のように使うこともできます。


Link Lockではサーバー側にパスワードなどの情報は一切保存せず、Cookieをブラウザに保存することもないとのこと。Link LockのソースコードはGitHub上に公開されています。

GitHub - jstrieb/link-lock: Distributed application to password-protect URLs using AES in the browser
https://github.com/jstrieb/link-lock

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料で使用可能なクイックランチャー機能「PowerToys Run」がMicrosoft公式のWindows 10拡張ソフト「PowerToys」に登場 - GIGAZINE

基本無料でPDFを複数人で共有しコメントや図などを挿入できるアプリ「Kami」を使ってみた - GIGAZINE

YouTubeやTwitterの閲覧にタイマーを設定して時間の浪費を防ぐChrome・Firefox向け拡張機能「Intention」レビュー - GIGAZINE

NetflixやYouTubeをオンラインで同時視聴しながらボイスチャットが可能な「Binge Together」レビュー - GIGAZINE

2つの端末をブラウザ経由でワームホールのようにつないでファイルをやりとりできる「WEB WORMHOLE」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   ウェブアプリ, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.