メモ

なぜ麻薬組織がはびこり警察にも見放された街が国内トップクラスの治安のよさを実現できたのか?


メキシコの街、チェランはかつて麻薬組織が街に出入りし、恐喝や殺人、失踪などの事件が多発する、非常に治安の悪い地域でした。麻薬組織によって一方的に侵略されそうになったチェランを守るために住民たちが結託し、警察にも政治家にも頼らず街を守り続ける取り組みは、ひとつの成功例としてメキシコ国内外で評価されています。

The Mexican indigenous community that ran politicians out of town | World news | The Guardian
https://www.theguardian.com/world/2018/apr/03/mexico-indigenous-town-banned-politicians-cheran

After long fight for self-government, indigenous town of Cherán, Mexico ushers in new council
https://www.nbcnews.com/news/latino/after-long-fight-self-government-indigenous-town-cher-n-mexico-n906171

A town in Mexico overthrew their local government. Things couldn't be going better. - VICE
https://www.vice.com/en_us/article/gykaq9/a-town-in-mexico-overthrew-their-local-government-things-couldnt-be-going-better

メキシコの先住民族・プレペチャ族が暮らすチェランでは、2011年頃から麻薬組織が出入りするようになり、すさまじいスピードで森林を伐採し始め、毎週トラック数十台分の丸太が街の外へと運び出されていきました。さらに、森林伐採に抵抗する住民たちが麻薬組織によって殺害される事件が何件も発生したにも関わらず、当時チェランを治めていた政治家や警察は汚職まみれの状態で、麻薬組織に対して何の手も打たなかったそうです。


腐敗した政治家や警察には頼れないと判断したチェランの女性たちはグループを組んで武装し、2011年4月15日の早朝、麻薬組織に立ち向かいました。女性グループは森林を伐採していた麻薬組織の人間を棒や石などで強襲し、チェランに入るための道路をバリケードで封鎖。「私たちは朝食、昼食、夕食をバリケードのそばで食べ、ローテーションを組んで徹夜でチェランを守りました」と、女性グループの1人だったパトリシア・フェルナンデス氏は語っています。

バリケードによる24時間体制の警戒は約3カ月続き、根負けした麻薬組織はチェランから撤退しました。麻薬組織の追い出しに成功したチェランの住民たちは、バリケードでチェランを守ったフェルナンデス氏を含む12人のメンバーからなる評議会を発足し、町長や政治家、警察をもチェランから追放しました。チェランの評議会は、2014年にメキシコの最高裁判所によって合憲の判決が下されています。

チェランには時折、票を求める政治家たちが選挙運動をしようとやって来るそうです。しかし、評議会によってチェラン内部では政治活動が禁止されており、政治家たちは住民が結成した治安部隊によって追い返されてしまうとのこと。チェランには政党の宣伝ポスターなどは一切なく、代わりにメキシコ革命の指導者であるエミリアーノ・サパタを称えたり、政党を非難したりする壁画や、「チェランはおもちゃではない」と書かれた壁画が飾られています。


チェランの住民たちによると、2011年より前にチェランを治めていた政治家は、麻薬組織の存在を黙認していただけでなく、森林伐採に対して資金を提供し、チェランの住民が持つ土地の権利を奪おうとしていたとのこと。チェランの領地委員であるサルバドール・セハ氏は当時を振り返り「ほぼ全ての政治家たちは、任期が終わるたびにチェランの全てを持ち去っていきました」と述べました。

チェランの評議会では自治のかたわら、麻薬組織に奪われてしまった森林を再生するため、環境保護や植林にも力を入れています。


チェランを研究する社会学者、ベンジャミン・フェルナンデス氏は、汚職を抑制するチェランの評議会の体制を評価しています。評議会のメンバーは近隣の政治家と比べると給与が少なく、月給は150ドル(約1万6000円)から400ドル(約4万2000円)ほど。メンバーは3年ごとに選挙で決定し、不祥事などで責任を問われた際は、チェランの住民たちによって処分の判断が下されるという体制が取られています。

「チェランの功績は平和を勝ち取ったことです。チェランの殺人率は、おそらくメキシコの中でもユカタン州に次ぐ低さでしょう」とフェルナンデス氏は語っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
都市の安全を作り出すために必要な「治安」とは別のあるポイントとは? - GIGAZINE

激怒した市民が公約を破った市長をトラックで「市中引き回しの刑」にしてしまうムービー - GIGAZINE

メキシコで大統領選中に130人以上の政治家・立候補者が殺される - GIGAZINE

約200年もの間果たされなかった先住民とアメリカ政府の「約束」が実現に向かっている - GIGAZINE

メキシコは「修羅の国」という噂の通り危険な国でした - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.