ネットサービス

YouTubeのトラフィックは増加しているのにYouTuberの収入は激減している


多くの人が自宅で過ごすようになってNetflixのトラフィックは16%増、YouTubeのトラフィックは15%増となっていますが、その一方で、広告主が減りYouTuberたちの収入が激減していることがわかりました。

As YouTube Traffic Soars, YouTubers Say Pay Is Plummeting
https://onezero.medium.com/as-youtube-traffic-soars-youtubers-say-pay-is-plummeting-30dc1ba444db

ネット広告業界団体Interactive Advertising Bureau(IAB)のデータによると、メディアバイヤーやブランドの4分の1が2020年上半期の広告全てを停止させており、46%が広告費を下方修正しているとのこと。企業のうち4分の3が新型コロナウイルス感染症の流行はリーマンショックよりも経済に大きな損害を与えると考えており、テレビや新聞の広告だけでなくYouTube広告もまた減少するとみられています。実際にYouTubeアドバイザーとして活躍しているCarlos Pacheco氏は、自身がアドバイザーを務める180のYouTubeチャンネルの広告料が2020年2月初頭から減少しだし、4月時点では50%ほどになっていることを伝えています。


IABは、テレビや新聞への広告費の減少に比べ、デジタル広告が受ける影響はわずかに少ないとみていますが、それでも損害はあります。多くのYouTuberはCPM(広告が1000回表示されるごとの費用)が30~50%減少したことを報告しているとのこと。なお、YouTubeは広告料のうち45%をYouTube、55%をクリエイターに配分しています。

3月23日時点で映像製作者のHank Greenさんは複数のチャンネルで視聴回数が5%増加したものの、全てのチャンネルを合わせたCPMが30%減少したことを報告。


YouTubeの場合、コンテンツに応じた広告が配信されることになりますが、例えば世界のストリートフードに焦点を当てたYouTubeチャンネルの場合、その広告主は観光局や航空会社、レストランなどになります。しかし、COVID-19の影響でレストランが閉業し飛行機の運用も停止している状況において、観光産業は機能しておらず、広告主が存在しません。


このような状況からYouTuberの収益が打撃を受けるわけですが、一方でリモートワークに必要な事務用品や、生活に必要な食料品、ゲームコンテンツなどはマイナスの打撃を受けにくい傾向があるとのこと。マーケティング会社のTubular Labsによると、ビデオゲームコンテンツは2019年の同期に比べてヨーロッパの主要市場5つで13%の視聴数増加をみており、CPMは下がってはいるものの、他のチャンネルよりは減少がゆるやかだといいます。

YouTubeのトラフィックが増加しているという点では、YouTuberにとって、新規の視聴者を獲得するチャンスだともいえます。しかし、コンテンツの数が増加すると入札競争が少なくなり、広告料はより安くなるという問題もあります。市場が縮小するなかでコンテンツはどんどん作られているためです。

多くのYouTuberはパンデミックの影響が今後3~4カ月続くとみているとのこと。なお、IABは2020年第3四半期の広告費は当初の予定の75%程度、第4四半期には88%程度になると予測しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルスの影響でYouTubeでは間違って「ポリシー違反」と判断される動画が増える可能性がある - GIGAZINE

YouTubeは全世界で動画再生時の解像度を落とす、新型コロナウイルスの影響で - GIGAZINE

新型コロナウイルスの影響で1998年以降で最低の映画週末興行成績を記録 - GIGAZINE

新型コロナウイルスはデジタル広告市場にどのような変化をもたらすのか? - GIGAZINE

「新型コロナウイルス特需」でAmazonが10万人の新規雇用を発表、現場からは不満の声も - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.