モバイル

AppleとGoogleの「新型コロナ追跡機能」は「第三者によるデータ収集」が可能との指摘、技術的に脆弱な面があるとの意見も


AppleとGoogleが発表した「新型コロナウイルス追跡システム」に対し、「第三者による中央集権的なデータの収集」につながるおそれがあると、ラドバウド大学のセキュリティ研究者であるJaap-Henk Hoepman氏が自身のブログ上で指摘しています。

Stop the Apple and Google contact tracing platform. (Or be ready to ditch your smartphone.) // Jaap-Henk Hoepman
https://blog.xot.nl/2020/04/11/stop-the-apple-and-google-contact-tracing-platform-or-be-ready-to-ditch-your-smartphone/

AppleとGoogleの「新型コロナウイルス追跡システム」では、Bluetooth Low Energy(BLE)を用いて新型コロナウイルス感染症の感染者を追跡し、感染者との濃厚接触が疑われる人に通知しすることが可能。2020年5月には保健当局に対して追跡システムを用いるためのAPIを提供し、その後、iOSやAndroidにOSレベルで追跡システムが組み込まれることとなります。新型コロナウイルス追跡システムの目的や仕様は、以下の記事を読むとよくわかります。

AppleとGoogleが共同発表した「新型コロナウイルス追跡システム」に対して浮かぶセキュリティおよびプライバシーに関する疑問への回答 - GIGAZINE


OSに組み込まれた新型コロナウイルス追跡システムの動作には、利用者の同意が必要です。また、感染者の追跡は複数のキーを用いてAppleやGoogleが個人を特定できないように行われ、中央データベース上に保存されるデータは最小限のもの。しかし、「分散化されたあらゆる構造は、中央集権化された構造になりうる」とHoepman氏は指摘しています。

たとえAppleやGoogleによって開発された追跡システム自体がデータの分散化を達成していたとしても、2020年5月にリリースする追跡システム用のAPIは、第三者が開発したアプリが用いることとなります。そのため、アプリを開発する政府や企業などがデータを一カ所に集めることは可能とHoepman氏。Hoepman氏は「Appleは私たちのプライバシーを丁重に扱うと誓約しているので、高価なiPhoneを購入することでプライバシーやセキュリティを自分のコントロール下に置くことができると思っていたが、それは幻想だった」と述べています。


想定される追跡システムの意図しない利用方法として、「警察が殺人事件の被害者を感染者として被害者のスマートフォンから報告し、誰が現場の近くにいたかを特定する」「嫉妬深いパートナーや過保護な保護者が、追跡対象のスマートフォンにこっそりアプリをインストールし、誰と会っているかを追跡する」といった例が挙げられており、Hoepman氏は「このシステムが感染症に対する薬だとしたら、その感染症よりも悪質であり、スマートフォンを捨てる準備をするべきだ」とコメント。


他にも、暗号研究者のモクシー・マーリンスパイク氏は、キーが記載されたリストがシステム利用者のスマートフォンに保存される構造を悪用されかねない点を指摘。マーリンスパイク氏は「何者かがキーを大量に生成すれば、全世界のシステム利用者のスマートフォンに数GBのファイルを作成することができる」と語っています。


また、Hoepman氏の記事を紹介するHacker Newsのコメント欄には、今回の追跡システムはAppleが「WWDC 2019」で発表した、Bluetoothによるネットワークを形成することでオフラインの端末でも検索可能なサービス「Find My」と技術的には同じとする意見も。

Appleが発表したオフラインの端末でも位置を突き止められる「Find My」機能の仕組みとは? - GIGAZINE


コメント欄にはそのほかにも「システム利用に対する個人の同意そのものも、政府によって強制される可能性がある」といった意見や、「今は新型コロナウイルスの脅威に立ち向かうときで、プライバシーはさほど重要ではない」などの意見が投稿されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleとGoogleが「新型コロナウイルス追跡システム」をiOSとAndroidに組み込む - GIGAZINE

AppleとGoogleが共同発表した「新型コロナウイルス追跡システム」に対して浮かぶセキュリティおよびプライバシーに関する疑問への回答 - GIGAZINE

新型コロナウイルスの感染性は従来の予想の2倍だとの研究結果 - GIGAZINE

「新型コロナウイルス感染症はインフルエンザよりも恐ろしい」理由をムービーで解説 - GIGAZINE

各都道府県の新型コロナウイルス感染状況をわかりやすく可視化した「Japan COVID-19 Coronavirus Tracker」 - GIGAZINE

新型コロナウイルスの感染拡大を「感染率」「1日に出会う人の数」「移動制限」などを変更しながら直感的に理解できるシミュレーターが登場 - GIGAZINE

in モバイル,   セキュリティ, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.