取材

旅好きな人が満たされる西荻窪駅そばの「旅の本屋のまど」へ行ってきた


自転車で世界一周をした私、周藤卓也@チャリダーマンは旅の本が好きで、特にチャリダー(自転車旅行者)の本には目がありません。

日本では「まちの本屋さん」はネット通販に顧客を奪われ少なくなりつつありますが、「ここにしかない本屋」、つまり横並びではなく、何かの分野で突き抜けていれば、誰かの目にとまります。その点で、東京・西荻窪にある「旅の本屋のまど」は、旅好きな人にはたまらない場所で満たされました。取材させていただいてから、ちょっと時間が空きましたが、ぜひ、オススメしたい本屋さんです。

旅の本屋のまど
http://www.nomad-books.co.jp/

旅の本屋のまど@nomad_books
https://twitter.com/nomad_books

◆アクセス
旅の本屋のまどはここ。


最寄り駅はJR中央本線の西荻窪駅。


西荻窪駅北口からすぐ。モスバーガーやセブンイレブンがある通りを西に進みましょう。


すると、「旅の本屋のまど」の看板が目に飛び込みます。


ビルの一階で営業するこじんまりとした店舗でした。


入口ドアから見た店舗内。


◆店内
壁には本棚、中央には平積みの本が置かれています。店内の本を探すには、円を描くようにくるりとひと回り。明るくて温かな空気のある本屋さんでした。

いくつものライトが照らす店内。木製の本棚が温もりを醸しだしていました。


別角度からもう一枚。


本棚にはあふれんばかりに本が並んでいます。古本も扱っていました。


本に限らずいろんなものが置いてあるので、見ていて飽きません。


旅人の場所だと実感させられる地球儀。


◆旅の本
こじんまりとした店舗と表現しましたが、店内は旅の本でびっしり。旅好きな方の琴線に触れる本がきっと見つかります。気になる本は一冊だけではおさまらず、あれも欲しいこれも欲しいと、未知なる本との出会いにときめきが止まりません。

平積みされた本の山。


アジアコーナーにならぶ本のラインナップ。


日本の旅もありました。日本の島旅も風情があっていいですよね。


外国語関連の本も充実しています。


チャリダー、ライダーの旅行記も発見。


怖いけど気になるダークツーリズム特集。


日本の団地に詳しくなれる本。


旅が好きだからこそ、ちょっと手を伸ばしたくなる本でいっぱい。旅とは直接関係なくても、ワクワクが止まらなくなります。


旅と猫も無関係ではなく、親和性が高いのです。


韓国作家の特集。


市販本だけでなく、同人活動の作品も販売されていました。


中古地図が詰まった段ボール箱は、人によっては宝箱。


タイの首都バンコクで目にしたフリーペーパーのDACO(ダコ)までありました。有料販売ですが、タイの思い出に浸れるフリーペーパー。


◆イベント
「旅の本屋のまど」は通常の書店営業に加え、旅本の著者によるトークイベントも積極的に行っています。読書と著者の場を繋ぐ場としての役割からも目が離せません。

店内に置いてあったイベントの告知チラシ。


私の知人や気になる人もイベントしてました。




また、イベント中にある店主さんのツイートも勉強になります。


こちらのイベントだと、次のようなツイートがありました。(全部のツイートではなくいくつかを抜粋)




韓国といえば焼き肉が有名ですが、その理由にモンゴルの影響があったなんて目から鱗でした。私がモンゴルを旅したとき、モンゴル料理といえば焼き肉だったのでなおさら。

高野秀行氏、内澤旬子氏、蔵前仁一氏、下川裕治氏と店内に飾られたサイン色紙の名前もすごい。


◆戦利品
私も「週末ソウルでちょっとほっこり」「あたらしい野宿」「ベトナムスケッチ(フリーペーパー)」を購入。韓国(ソウル)とベトナムは次の旅の候補地だったもので。


「あたらしい野宿」の著者・かとうちあき氏は旅コミ誌「野宿野郎」の編集長。その野宿野郎の企画で野宿戦隊シュラフマンが誕生します。そのシュラフマンのレッドはチャリダーの友人でした。そうした購入のいきさつを店主さんに話すと「レッドさんなら、ここでイベントやりましたよ」とまさかのお知り合い。旅人の世界、思わぬ繋がりがあったりします。世界の地図には目がないので、カリブ海の地図も入手しました。


細かな国々がひと目で分かる掘り出し物。


物静かながらも旅好きな店主さんでした。交わした会話も「どこの国がおすすめでした」「次はどこの国を狙っています」と自然と旅人同士。異国の地で偶然あったかのように、旅の話をしてしまいました。

旅好きな人が旅の本に囲まれた仕事に就く。店主さんは「好きなことで生きていく」を実現させていました。お仕事のかたわら海外旅行へも出かけられています。2019年の年始はロシア(ウラジオストク)、2020年の年始はグルジアを旅されていました。端から見ると理想の生活。しかし、同じ本を売るにしても最近だとネット通販が優勢。店主さんの苦労は計り知れません。

ただ、ネットで本は買えますが、目的以外の本に出会うならいまだに本屋さんではないでしょうか。その偶然は運命を変えるかもしれません。そして、お気に入りの本屋さんができたら、そこで本を買いましょう。誰かが応援してあげないと、お気に入りの本屋さんもいつの間にか消えてしまうので。

旅好きな方いましたら、ぜひ「旅の本屋のまど」に足を運んでみてください。私もまた旅の本を買いに行きたいです。

(文・写真:周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一周取材中 http://shuutak.com
Twitter @shuutak
Facebookページ https://www.facebook.com/chariderman/
Instagram https://www.instagram.com/shuto.takuya/
DMM講演依頼 https://kouenirai.dmm.com/speaker/takuya-shuto/)

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「世界で最も美しい本屋」に選ばれた新世代の独立系書店「The Last Bookstore」に行ってきました - GIGAZINE

世界で2番目に美しい本屋さんで、優雅な時間に浸ってきた - GIGAZINE

世界最高の図書館に選ばれたヘルシンキ中央図書館「Oodi」、ゲームや3Dプリントもできてあまりにもレベルが高すぎる - GIGAZINE

Amazon隆盛の陰で独立系書店は復活を遂げていた - GIGAZINE

壁一面の本を飲食しながら読めてそのまま寝れる「泊まれる図書館」っぽい「TUNE STAY KYOTO」に行ってきた - GIGAZINE

衰退する「紙の本」を売り続ける人々の実情に迫る「The Booksellers」予告ムービー - GIGAZINE

無限に続く本棚のトンネルや上下逆さまの本棚がある本屋さん「Yangzhou Zhongshuge」 - GIGAZINE

in 取材, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.