ハードウェア

新年早々Apple Watchが心拍数の異常を検知して男性の命を救う


装着しているだけでいつでもどこでも手軽に心拍数の測定ができるため、2015年4月の発売以降、心臓病などにつながる心拍数の異常を即座に検知したり、転倒検出機能で命の危機に瀕した装着者のもとにいち早く助けを送ったりすることで、怪我人や命の危機にある人々を救ってきたApple Watch。2020年に入って早々、またもや装着者の命の危機を救う事例があったことが報じられています。

Apple Watch saves Brazilian man after heart alerts lead to life-threatening tachycardia diagnosis - 9to5Mac
https://ww.9to5mac.com/2020/01/09/apple-watch-tachycardia-jorge-freire-jr/

Apple Watchに命を救われたのは、ブラジル人男性のホルヘ・フレイレ・ジュニアさん。フレイレさんによると、着用していたApple Watch Series 5が「あなたの心拍は10分以上140BPMを超えています」という警告メッセージを表示したことが、ことの始まりだったそうです。異常に気づいたフレイレさんが再び心拍数を計測してみたところ、その数値は170BPMと非常に高いものであったため、いったん家に帰り安静にして心拍数が正常に戻るか確認したそうです。


安静にしても心拍数は160BPM前後から下がらず、頻脈の傾向があったことから、フレイレさんは救急救命室へ直行。病院のスタッフにApple Watchで計測した心拍数のデータを見せたところ、すぐに診察に入ることができたとのこと。検査の結果、心不全や脳卒中を引き起こし、最悪の場合には死に至ることもあるという心拍障害を患っていると診断されたそうです。

フレイレさんは心臓発作の兆候はないと診察されたものの、高くなっている心拍数を下げるために薬を処方されたとしています。フレイレさんは自身のFacebookアカウント上にApple Watchで心拍数を測定している写真を投稿。写真にはフレイレさんの心拍数が記されており、15~18時にかけて非常に高い数値を記録していたことがうかがえますが、20時58分時点では101BPMとかなり心拍数が落ち着いてきたこともわかります。


フレイレさんの頻脈についてはより詳細な検査が必要となるそうですが、同氏は「年末のストレスや不安、そして高血圧の薬を正しく服用してこなかった影響が出たのではと考えています」と語っています。

フレイレさんは「Apple Watchが私を救った」「冗談ではなく、Apple Watchは生と死を分かつカギとなる可能性があります。Apple Watchの使用を強く勧めます」と語り、自身の命を救ったApple Watchをほめちぎりました。

加えて、自身の体験をメールにまとめてAppleのティム・クックCEO宛に感謝のメールを送ったことも明かしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Apple Watchの転倒検出機能により命の危機を救われる事例が再び報告される - GIGAZINE

Apple Watchの心電図機能が再び人命救助、リリースから1週間でイギリス人ユーザーの命を救う - GIGAZINE

またもやApple Watchに命を救われる事例が登場、ECGアプリがヨーロッパでリリースされてわずか1週間で - GIGAZINE

Apple Watchがまたも人命を救う、転倒検出機能が気を失って顔面流血のおじいさんの早期発見に貢献 - GIGAZINE

リリースされたばかりのApple Watchの心電図機能でさっそく命を救われる事例が報告される - GIGAZINE

Apple Watchの心拍数検知機能で命を救われる人が続々 - GIGAZINE

またしてもApple Watchに命を救われる人が現れる、今度は18歳の女性で心拍数の急上昇を検知 - GIGAZINE

Apple Watchのおかげで命を救われた男性、そしてわかり始めたApple Watchの真の魅力とは - GIGAZINE

「Apple Watch」がひっそりと忍び寄る命の危険から老人を救う - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.