試食

塩レモン&ミントで口の中がスカッと爽やかになる「C.C.レモン ソルティレモン」試飲レビュー


レモン50個分のビタミンCが入った「C.C.レモン」に国産海塩とミントエキスをプラスした「C.C.レモン ソルティレモン」が2019年5月28日(火)から登場しています。これから暑くなってくる夏本番、塩&レモンで熱中症対策にもオススメというC.C.レモン ソルティレモンを実際に買って飲んでみました。

「C.C.レモン」リニューアル 「C.C.レモン ソルティレモン」新発売 | ニュースリリース | サントリー食品インターナショナル
https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0851.html

手前が新登場したC.C.レモン ソルティレモン、後方に並んでいるのが新容器&レモンの香りを強化したリニューアルしたC.C.レモンです。


C.C.レモン ソルティレモンのラベルには「国産海塩ひとつまみ」という文字とレモン&塩のイラストが入っています。果汁は1%。


100mlあたりのカロリーは38kcalなので、ペットボトル1本500mlで190kcalです。厚生労働省が熱中症対策飲料として推奨している食塩相当量は100mlあたり0.1g~0.2gで、ソルティレモンの食塩相当量は0.11g。


原材料名には糖類・レモン果汁・食塩・はちみつ・ミントエキスなどが並んでいます。


ソルティレモンとリニューアルしたC.C.レモンを並べるとこんな感じ。ボトルは両方とも真ん中がくびれたデザインです。


リニューアルしたC.C.レモンのカロリーは100mlあたり40kcalなので1本あたり200kcalと、ソルティレモンとほぼ同じ。


原材料名を見てみると、食塩やミントエキス以外はほぼ同じでした。


グラスに注いでみると、ソルティレモン(左)はC.C.レモン(右)よりもやや薄い色合い。


まずはリニューアルされたC.C.レモンを飲んでみると、C.C.レモンらしいレモンの強い甘みと酸味、香りが楽しめます。「レモンらしいすっきりとした甘酸っぱさと、後口に広がるレモンの香りを強化しました」とのことですが、飲み比べてみなければハッキリとわかるわけではありません。


続いてC.C.レモン ソルティレモンを飲んでみたところ、C.C.レモンの風味や甘さが感じられながらも、甘さが後を引かないスッキリとした口当たりです。塩やミントの味は前面に出ておらず、言われないと分からない存在感なのですが、飲み比べてみるとソルティレモンを飲んだあとは明らかに口の中の爽やか度が増します。心なしか口の中もひんやりするので、確かに暑い日でもぐびぐびいけます。


なお、C.C.レモン、C.C.レモン ソルティレモン共に500mlペットボトルで税別140円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
レモンがそのままスプレーになる「Stem」を使って鶏からあげにレモン汁をかけてみた - GIGAZINE

凍らせて食べる文明堂の「はちみつレモンカステラ」の食感が冷凍時間でどう変化するのか確かめてみた - GIGAZINE

大賞はなんと「塩レモン」、「クックパッドアワード2014」で今年話題になった10レシピが決定 - GIGAZINE

1台3役、レモンに対するハンパないこだわりを満載したオシャレな調理器具「Metal Stem Gift Set」 - GIGAZINE

「風邪予防にビタミンCはウソ」「飲酒で風邪予防」など民間療法のウソと本当 - GIGAZINE

ビタミンCサプリで喫煙による肺のダメージを防止できるという研究結果 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.