サイエンス

盲目であることは統合失調症から人を守るという可能性が研究で示される

by Mustafa ezz

先天的あるいは早期の失明が統合失調症に対し保護的な効果がある可能性は、これまでのケーススタディーで示されていました。これに続き46万人以上のデータを分析した新たな研究で、「盲目であることが統合失調症から人を守る」というさらなる調査結果が示されています。

Congenital blindness is protective for schizophrenia and other psychotic illness. A whole-population study. - ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0920996418304055

Being Born Blind Appears to Somehow Protect People From Getting Schizophrenia
https://www.sciencealert.com/being-born-blind-appears-to-somehow-protect-people-from-getting-schizophrenia


西オーストラリア大学の研究者によって、1980年から2001年までの報告の中に皮質盲の患者が統合失調症を発症するケースがゼロだったことが明らかになりました。このデータは西オーストラリアで暮らす46万7945人の子どもを対象としたもので、全体の0.4%にあたる1870人の子どもが統合失調症だと診断されていました。サンプル全体のうち66人の子どもは皮質盲でしたが、統合失調症患者は一人もいなかったとのこと。

この研究はサンプル数が非常に大きいこと、そして統合失調症に関する新しい側面を示している可能性があることで注目を浴びています。


「先天的な皮質盲をケーススタディーで観察した結果、保護現象があることがわかっていました。そして今、我々が保証する慎重な臨床調査によるデータは、この結果を支持しています」と研究者たちは述べています。

ただし、「証拠がないことは『存在しないこと』の証拠ではない」といわれるように、この調査結果は「皮質盲が統合失調症を減らすカギになるという証拠」を示すものではないという点には注意が必要とのこと。また今回の調査は14~35歳の人々を対象としており、人生の後半に統合失調症を発症する人はデータに含まれていません。

盲目であることと統合失調症の関係は今後のさらなる研究を必要とする分野ですが、現段階では「統合失調症患者において機能不全がある部分、つまり音の認識や注意力、記憶力、そして言語使用をカバーする部分の力を、先天性の盲目は増大させている」という仮説が立てられています。一方で、周辺視野障害の患者も統合失調症となる確率が通常に比べて少ないことが示されましたが、周辺視野障害は皮質盲と違って脳を変化させません。

by Dyversions

盲目であることが脳に変化をもたらすという可能性は、他の精神疾患についても言えますが、現実との断絶が脳の感覚器に与える影響は、失明が先天性か後天性かで異なると示す研究者も存在します

一方で、今回の研究結果は統合失調症に対する治療の新しいアプローチになる可能性があるほか、病気のサインを早期に発見し対処することで病気の影響を最小限にできる可能性もあるとのこと。統合失調症の対処において「感覚認知機能に重点を置いた認知トレーニングや、皮質の機能を再構築するような治療戦略」を視野に入れることができると研究者らは述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
統合失調症は脳だけでなく体をも変える - GIGAZINE

自閉症と統合失調症には同じ遺伝的ルーツがあることが名古屋大学の研究結果からより確実に - GIGAZINE

ニコチンが統合失調症の原因となる脳活動障害を正常化することが明らかに - GIGAZINE

ネコを飼うことと統合失調症の発症は関係がないことが判明 - GIGAZINE

LSDが自分と他人の境界線をあいまいにする仕組みが明らかに、統合失調症の治療の一歩 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in サイエンス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.