ハードウェア

12コア/24スレッドの第3世代Ryzenのベンチマーク登場、最大16コアは実現するのか?


AMDが2019年夏にリリース予定の「Zen 2」マイクロアーキテクチャ採用の第3世代Ryzen「Ryzen 3000」シリーズに、12コア以上のモデルが登場するとの期待を抱かせるベンチマーク結果が発見されました。

ユーザーのベンチマーク結果でデータベースを作るUserBenchmarkにRyzen 3000シリーズと思しきベンチマーク結果が現れたのを発見したのはタイのAPISAK氏。


User System Performance Results - UserBenchmark
https://www.userbenchmark.com/UserRun/14076820


テストマシンはマザーボードが「AMD Myrtle-MTS」という名の特注品で、AMDの開発機だと推測できます。


貧相なGPUやストレージのおかげもあって総合評価はUserBenchmarkの中では36パーセンタイルの位置にとどまっていますが、注目すべきはCPUスペック部分。


ES品のCPUのコード名は「2D3212BGMCWH2_37/34_N」でプラットフォームはAM4。12コア/24スレッドでベースクロック3.4GHz/ターボクロック3.6GHzと表記されています。


パフォーマンスはシングルスコアが「116」、マルチスコアが「1741」


TechPowerUpの読者の報告によると、UserBenchmarkでの各CPUスコアを比較すると以下の通り。


AM4マザーボードではこれまで8コアを超えるRyzen CPUは発表されておらず、CES2019でのリサ・スーCEOによる基調講演でも言及されていませんでした。しかし、CES2019で発表されたRyzen 3000のCPUには、もう一つのCPUダイを搭載するスペースがあったため、誰もが最大16コア仕様になるのでは?と予想しましたが、その予想は現実になりそうです。


今回発見されたRyzenは12コアであり、8コアのうち2コアをオミットした6コア+6コアの構成の可能性が高そうです。そうすると、8コア+8コア=16コアのフルスペックのRyzen 3000シリーズだけでなく、かつてPhenom II世代で起こったCPUコアを復活させて性能を解放する「おみくじ祭り」の再来にも期待せざるを得ません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Zen2採用の第3世代Ryzen発表、Intel最上位モデルを性能で上回りワットパフォーマンスでは圧倒 - GIGAZINE

AMDがノート向けCPU第2世代Ryzen Mobileを発表、Chromebookを含め脱Intel端末が続々登場 - GIGAZINE

AMDの「Zen 2」世代のRyzen 3000シリーズはコア数倍増の最大16コアで2019年にも登場とのウワサ - GIGAZINE

第3世代Ryzenで採用されるAMDの次世代アーキテクチャ「Zen 2」についてWikiChipが解説 - GIGAZINE

AMDが7nmプロセス・最大64コアのデータセンター向けCPU「Rome」と7nmプロセスGPU「MI60」を発表 - GIGAZINE

AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper 2990WX」が5.1GHzのオーバークロックでCinebenchの世界記録を更新 - GIGAZINE

AMDが世界初の7nmプロセスGPU「Radeon VII」を発表、NVIDIA RTX2080とがっぷり四つ - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.