ソフトウェア

「Firefox 64」正式版リリース、シマンテックの証明書が無効化される


ウェブブラウザ「Firefox 64」の正式版が公開されました。シマンテックをルートとするTLS証明書が無効化されるほか、複数タブをまとめてピン留めできるようになったり、macOSでWebVR APIが使用できるようになりました。

Firefox 64.0, See All New Features, Updates and Fixes
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/64.0/releasenotes/

Latest Firefox Release Available Today - The Mozilla Blog
https://blog.mozilla.org/blog/2018/12/11/latest-firefox-release-available-today/

◆新機能
・ユーザーが探している機能をオススメしてくれるように
ユーザーのFirefoxの使い方に応じて必要と思われるサービスや拡張機能をオススメするようになります。例えば、あるタブに何度もアクセスしているユーザーには「タブの固定方法」を紹介したり、YouTubeを閲覧するユーザーには「Enhancer for YouTube」アドオンがオススメされたりするようです。今回のアップデートの目玉機能ですが、この機能を利用できるのは記事作成時点では米国のユーザーのみとのこと。

・複数のタブをまとめて選択可能
「Ctrl+クリック」で複数のタブを選択し、まとめてブックマークに追加したりピン留めしたりできるようになります。


・開いているページのバッテリーへの影響を可視化
「about:performance」ページを開くことでページごとにどれくらい電力を消費しているかを一目でわかるようになります。


・パフォーマンス向上
Mac版とLinux版で「リンク時最適化」が行われるようになり、パフォーマンスが向上します。リンク時最適化とは複数のオブジェクトファイル間での最適化のことで、Windows版ではFirefox 63から使用されていました。

・Windows標準の共有機能
Windows版においてOS標準の共有機能が利用できるようになります。


・アドオンがより削除しやすくなります
ツールバーボタンの右クリックメニューに「拡張機能を削除」が追加され、簡単に拡張機能を削除できるようになります。


◆変更
・ライブブックマークが削除されます
ライブブックマークはRSSなどのWebフィードを提供しているサイトの最新情報をブックマークバーに表示する機能でしたが、今後はアドオンを通してのみ提供されるようになります。フィード機能の人気が下がっており、得られるパフォーマンスに比べてメンテナンスコストが重くなってきたためとのこと。

・シマンテックのTLS証明書は信頼されなくなります
当初はFirefox 63で行われる予定でしたが、シマンテックの証明書を利用しているサイトが多かったためにFirefox 64に延期されていました。

・クラッシュレポートの送信日時を明確化
いつMozillaにクラッシュレポートが送信されているのかを明確にするように「about:crashes」がアップデートされます。

・URL入力ショートカットの変更
以前より「Ctrl+Enter」を押すことで「www」と「.com」を自動で入力される機能が存在しましたが、macOSにおいてこの機能のショートカットが「Command+Enter」から「Ctrl+Enter」に変更されます。


◆開発者向け
・CSSグリッドインスペクターのアップデート
グリッドレイアウトがブラウザにどう解釈されているのかを見やすくするCSSグリッドインスペクターがアップデートされ、複数のCSSグリッドを同時に確認することができるようになります。

・コンソールの入力が見やすくなります
開発者ツールのコンソールにおいて、入力中にJavaScriptの構文がハイライトされるようになります。

・視認性チェックが簡単に
「アクセシビリティ」タブを開いて要素を確認するとコントラストレシオが表示され、どれくらい視認しやすいかを簡単に確認できるようになります。


・スクロールバーをカスタマイズできるようになります
「scrollbar-color」「scrollbar-width」要素を設定することでスクロールバーの色を変更したりスクロールバーを見えなくしたりできるようになります。

・WebVRがMacOSで利用できるようになります
Oculus RiftのようなヘッドマウントディスプレイをWebページと接続できるようにする機能が「WebVR」です。Windows版ではFirefox 55で導入されていましたが、今回のFirefox 64でMacOSにも対応しました。

・関連記事
Mozillaは2019年1月リリースの「Firefox 65」からユーザートラッキングをデフォルトでブロックするよう変更する方針 - GIGAZINE

Firefoxがブランド再構築へ乗り出して新アイコン策定へ、2案を提示してユーザーから意見を募集中 - GIGAZINE

FirefoxとThunderbirdの「マスターパスワード」は1分で破ることが可能と指摘される - GIGAZINE

ChromeとFirefoxはFTPのサポートを終了する予定 - GIGAZINE

MicrosoftがChromiumベースのブラウザ開発を正式に認める、MozillaはEdgeに「さよなら」 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by log1d_ts