×
ゲーム

フェミニストをワニに食べさせて殺害するゲームのプレイムービー配信者がYouTubeからBANされ、その後YouTubeが「BANは間違い」と認める


「フェミニストの女性をワニに食べさせる」というゲームのプレイムービーを公開したYouTuberがYouTubeからBANされ、その後YouTubeが「BANが間違いだった」としてアカウントを復活させるという事態が起こりました。YouTubeが間違いを認める前には、「多くの人気ゲームには暴力の描写が含まれるため、ゲーム内の暴力を理由にBANされるという先例は危険だ」と批判が上がっていました。

YouTube reverses ban for streamer who killed Red Dead Redemption 2 feminist - The Verge
https://www.theverge.com/2018/11/8/18075826/youtube-feminist-suffragette-red-dead-redemption-ban


問題となったゲームは、20世紀初頭、西部開拓時代の名残がある近代アメリカを舞台にしたオープンワールドのアクションアドベンチャーゲーム「レッド・デッド・リデンプション」です。YouTubeが削除したのは、2018年10月26日に発売されたばかりの「レッド・デッド・リデンプションII」のプレイムービーでした。

ゲームのプレイ動画を多数アップロードしているYouTubeチャンネルの「Shirrako」は、10月28日に、女性の投票権を叫ぶノンプレイヤーキャラクター(NPC)をパンチするムービーをアップロード。このムービーは記事作成時点で170万回以上も再生されています。以下から続くムービーはかなりショッキングな映像が含まれるので注意してください。

Red Dead Redemption 2 - Beating Up Annoying Feminist - YouTube


レッド・デッド・リデンプションIIのプレイヤーは、ゲーム内の全てのキャラクターと会話することができ、プレイヤーの気分次第で相手に対して暴力的にも友好的にも振る舞えます。このゲームは暴力的な行動を推奨するものではありませんが、過去には両手両足が縛られた女性を電車にひかせるというムービーがアップロードされたこともあるとのこと。

ニュースメディアのMotherboardの取材に対し、Shirrako氏は「女性を殴る」というムービーが偶然の産物であると語っています。「NPCはプレイヤーをいらだたせる感じで作られていて、ゲーム内で買い物をしようとすると、NPCは叫び声で買い物を邪魔しようとしてきます。私はただ平穏に買い物がしかたっただけです」と語っており、ムービーはジョークであり政治的な意味合いはなかったとしています。ムービーには性差別主義者からのコメントが残されましたが、Shirrako氏は「私がこれらのコメントを好きか嫌いかに関わらず、検閲をしようとする人の意見は好みません」と述べました。

その後、10月31日にShirrako氏はなわで縛った女性を馬から引きずり、最終的にワニに食べさせるというムービーを公開。このムービーは記事作成時点で90万回以上も再生されていますが、ムービーのアップロード後にShirrako氏はYouTubeからBANされたわけです。

Red Dead Redemption 2 - Annoying Feminist Fed To Alligator - YouTube


YouTubeはコミュニティガイドラインで「ショッキング、センセーション、あるいは無礼な方法」を含むグラフィックコンテンツ、そして「危険な行動を推奨し暴力を促す意図のコンテンツ」を禁止しています。「女性をワニに食べさせるムービー」は、このガイドラインに抵触するとして、YouTuberはBANされたとのこと。しかし、このようなYouTubeの行動に対し、「人気ゲームにおいて暴力的な描写は一般的であり、ゲーム内で暴力的な行動をとったからといってプラットフォームから排除するという行為は危険な前例となる」という声が上がりました。このような批判を受けてYouTubeはBANを取り消し、YouTuberはアカウントに復活したというわけです。

Shirrako氏はこのようなムービーをYouTubeチャンネルに多数アップロードしていますが、「政治的な意味はない」という言葉どおり、対象となるキャラクターはさまざまです。KKKのメンバーが大量に殺されることもあれば、政治家やヒトラーをモデルにしたキャラクターが殴られたり、街中のキャラクターを無差別に殴りまくるムービーもアップされています。ただし、メディアの注目をあびたりYouTubeからBANされたりといった事態になったのは、フェミニスト女性が暴力の対象となった今回が初めてとのこと。

どのような経緯でYouTubeがShirrako氏のアカウントをBANすることになったのかは不明で、ニュースメディアThe Vergeの問い合わせに対してYouTube広報はコメントを返していないとのことです。

・関連記事
「ゲームをプレイすること」と「暴力的であること」に関連はないという研究結果が発表される - GIGAZINE

暴力的なゲームの規制を主張するトランプ大統領陣営の主張の数々 - GIGAZINE

「子どもをゲームからうまく脱却させる」方法とは? - GIGAZINE

拳で頭を殴りつぶすぶっ飛んだ暴力描写がなぜか爽快でアドレナリン出まくりの最新ゲーム「DOOM」をサクッとプレイしてみました - GIGAZINE

オリンピックとFPSのような暴力的なゲームは価値観が相いれないとIOC会長が発言 - GIGAZINE

in ネットサービス,   動画,   ゲーム, Posted by logq_fa