レビュー

新デザインに生まれ変わった「iPad Pro」速攻フォトレビュー


2018年10月30日に行われたAppleの新製品発表イベントで、2018年版の新型「iPad Pro」は11インチと12.9インチという2種類のサイズで2018年11月7日(水)に登場することが発表されました。そんな新型iPad Proが発売日当日に編集部へ届いたので、さっそく開封してみました。

iPad Pro - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

11インチipad Proはこんな箱に入って届きました。


中には上部に大きくiPad Proの写真がプリントされた箱が入っています。


側面は白を基調としていながらも、上部にプリントされた写真が目を引きます。


裏面には「iPad Pro(11インチ)」と書かれており、付属品としてUSB Type-C充電ケーブルやUSB Type-C電源アダプターなどが入っていることが記載されていました。


箱を開くと11インチiPad Proが登場。


箱の中には11インチiPad Pro本体・説明書・USB Type-C電源アダプター・USB Type-C充電ケーブルが入っていました。


半透明のフィルムをはがしていくと……


オールスクリーンの本体がお目見え。


画面の上部には小さなTrueDepthカメラがあり、セルフィーやFaceTime、FaceIDにも対応しているとのこと。


iPad Proの下部には従来のiPad Proに搭載されていたホームボタンがありません。


背面はこんな感じ。


カメラは12メガピクセルとなっており、4Kビデオの撮影も可能。


背面下部にはSmart KeyBoard Folioと接続するSmart Connectorがありました。


これまでのiPad Proは背面から表面にかけて側面が滑らかな局面を描いているデザインでしたが、新型iPad Proはより直線的なデザインに変化しています。一方で角になる部分は丸く滑らかに加工されており、触った時に角が気になることはありません。


上部の側面には電源ボタンがあり……


左右にスピーカーも配置されていました。


底面にはスピーカーとUSB Type-C端子。新型iPad ProからはiPadでもイヤホンジャックが廃止されたため、Bluetoothイヤホンを使用するかUSB Type-C端子に変換アダプターを接続しなければイヤホンを使用することはできません。


底面中央の充電/同期用ポートは、LightningコネクタからUSB Type-C端子に変更されています。


左側には2つの音量調節ボタンがあり……


左側面には磁力で第2世代Apple Pencilを吸着・充電するためのポートも存在しています。


続いて12.9インチiPad Proの箱を開封していきます。


11インチiPad Proよりも若干分厚い箱を開封すると、やはりiPad Proの写真がプリントされた箱が登場。


写真右側に映る11インチiPad Proの箱と比較してみると、やはり12.9インチiPad Proの箱が大きめ。


中には12.9インチiPad Pro本体・説明書・USB Type-C充電ケーブル・USB Type-C電源アダプターが入っていました。


12.9インチiPad Proも当然オールスクリーン。11インチiPad Proと違うのはサイズだけです。


背面はこんな感じ。


11インチiPad Proと12.9インチiPad Proを並べてみると、両者のサイズ差がよくわかります。

・関連記事
「iPad Pro」がベゼルレスデザイン&新型Apple Pencil&USB Type-C採用で大幅進化 - GIGAZINE

2018年秋登場の新型「iPad Pro」はFace ID搭載・ベゼルレス・4K HDR映像出力など仕様まとめ - GIGAZINE

あまりにも巨大な「iPad Pro」を入手したので開封の儀&速攻フォトレビュー - GIGAZINE

9.7インチ「iPad Pro」開封の儀&速攻フォトレビュー - GIGAZINE

デザインが一新された「iPad Pro」や新型「MacBook Air」などが発表されたAppleの新製品発表イベントまとめ - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア, Posted by log1h_ik