試食

110gパティにローストビーフをプラスしたダブルビーフハンバーガー「クラシックローストビーフバーガー」をフレッシュネスバーガーで食べてきた


フレッシュネスバーガーがイギリス発祥のライフスタイルブランド「Cath Kidston(キャス キッドソン)」と異色のコラボを果たした新作バーガー「クラシックローストビーフバーガー」が2018年10月18日に登場しました。約110グラムというボリューム満点のビーフパティにローストビーフをプラスし、ツンと辛いホースラディッシュソースとコクのある玉ねぎソースを使ったダブルソースを和えたという一品を味わってきました。

異業種コラボ!フレッシュネスバーガー・キャス キッドソン ・ハインツ ダブルビーフの贅沢バーガー!『クラシックローストビーフバーガー』発売|株式会社フレッシュネス
http://www.freshnessburger.co.jp/about/Information.html#1017_1

フレッシュネスバーガーに到着。


店内に入るとハロウィン間近ということで、魔女のブラックハットをかぶった黒板にクラシックローストビーフバーガーのことが描かれていました。


さっそく注文。5分ほどでテーブルにハンバーガーが届けられました。価格はクラシックローストビーフバーガー単品が税抜780円で、今回はアイスのブレンドコーヒー(サイズM:税抜300円)を一緒にオーダーしてみました。


コラボを記念して、ハンバーガーを包むペーパーにはCath Kidstonでおなじみ、イギリスの近衛兵のデザインが施されています。


なお、今回のコラボはCath Kidstonが創立25周年を記念してケチャップブランド「ハインツ」のケチャップボトルをデザインしたことを契機にしたもので、そこから「毎日に新鮮な輝きを届ける」というブランド理念を共有するフレッシュネスバーガーとのコラボレーションが実現したという流れ。店頭のポスターやプレスリリースなどにはハインツのケチャップとポテトが一緒に並べられていますが、ポテトは別メニューでの注文となります。


ハンバーガーを手に持つと、思いのほかズッシリとした手応えを感じます。一番下に敷かれたパティはオーストラリア産100%グラスフェッドビーフを用いた重量約113グラムの「クオーターパウンドパティ」となっており、その上にスライスオニオン、グリーンカール、約40グラムのローストビーフがドカッとのせられています。


満を持してかぶりついてみると、羽毛布団のようにフワフワのバンズの香りに温かいビーフパティのジューシーな味わい、そしてヒンヤリと冷たいローストビーフから感じられる「肉感」を一気に味わうことができます。ローストビーフの上にはツンと辛いホースラディッシュソースとコクのある玉ねぎソースを使ったWソースがかけられており、肉々しい味をキリリと引き締めてくれます。


シャキシャキのスライスオニオンとグリーンカールは実に「フレッシュ」な食感をもたらしてくれます。


クラシックローストビーフバーガーは一部店舗を除く全国のフレッシュネスバーガーで提供されており、コラボを記念して「キャス キッドソン25周年バースデーセット」が当たるキャンペーンがInstagramTwitterの公式アカウントで実施されています。

・関連記事
マック軍・東京ローストビーフバーガーとマクド軍・大阪ビーフカツバーガーを食べてみた - GIGAZINE

長さ25cmの柔らかい近江牛ステーキがドドンと2枚のった「近江牛ステーキバーガー」を食べてきた - GIGAZINE

山盛りのローストビーフでそびえ立つ「肉の火山」を作り出したメガ盛り肉食系プレート「フジヤマボルケーノ」をボルケーノキッチンで食べてきた - GIGAZINE

火山のごとくそびえるローストビーフに挑んだ「ローストビーフ大野・和牛ローストビーフ丼」試食レビュー - GIGAZINE

ローストビーフが載りまくった「ローストビーフ丼」をレッドロックで食べてきました - GIGAZINE

肉の層が何重にも折り重なった極上ローストビーフ丼が食べられる「肉食BARガブリミート」に行ってきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log