×
ネットサービス

無料ホームページサービス「Yahoo!ジオシティーズ」が2019年3月末でサービス終了


誰でも簡単に自分の「ホームページ」(ウェブサイト)を作成できるサービスとして展開されてきた「Yahoo!ジオシティーズ」が2019年3月末をもってサービス終了となることが発表されました。すでに海外のGeoCitiesは2009年にサービスを終えており、残ったジオシティーズは日本のものだけとなっています。

サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ
https://info-geocities.yahoo.co.jp/close/index.html


「GeoCities」は1994年にアメリカで生まれたサービス。無料でホームページを作れるサービスは他にもありましたが、当初はURLのドメイン以下が「/ストリート名/番地/」という構成で、仮想都市になっているかのような形を採っていました。

日本法人は1997年に設立。2000年から「Yahoo!ジオシティーズ」としての運営になり、URL構成も他のサービスと同様、アカウント名が使われるようになりました。

しかし、2009年に海外のGeoCitiesがサービスを終了。

無料HPスペースで有名な「Yahoo!Geocities」の本家が閉鎖、そして失われたものたちとは - GIGAZINE


以後、日本でのみ展開が続けられてきましたが、採算面やサービス維持のための技術的課題などの総合的判断により、これ以上の継続が難しいということで、2019年3月末でのサービス終了が決定しました。

ジオシティーズ上には今も多くのサイトが残っていて、「黒歴史だから消えて欲しい」という声がある一方で、どこかにその情報を必要とする人もいるということで、Yahoo!ジオシティーズでは「できるだけ残す方針」で続けてきたとのこと。この考え方は、今回のサービス終了発表にあたっても貫かれており、1つでも多くのサイトが別サービスに引っ越して続けられるようにと案内が行われています。

移転先候補として挙げられているのは「さくらのレンタルサーバ」「ロリポップ!」「エックスサーバー」「XREA」「忍者ホームページ」「スターサーバー」で、乗り換えキャンペーンを実施しているところもあります。

なお、詳細なスケジュールとしては、新規開設・有料プランの購入や変更は2019年1月10日で終了。そして2019年3月31日をもってページの表示、管理画面の利用、FTPでのアップロードが不可能になり、転送設定の申し込みができるのもここまでとなります。転送は2019年9月30日で停止。以後も、FTPでのデータダウンロードと削除のみは可能ですが、2020年3月31日をもって完全削除が行われるとのこと。

ページをインターネット上に残したいと思っている人、あるいはデータだけでも手元に残しておきたいという人は、忘れないうちに作業を行ってください。

ちなみに、ニュースリリースの下部にある謎のアイコンをクリックすると、ページのデザインが「往年の自作ホームページ」感漂うものになり、身に覚えのある人はダメージを受けるかもしれません。


・関連記事
インターネット黎明期の1990年代を支えた検索エンジンはどれだけ生き残っているのか? - GIGAZINE

海外と比べて日本のウェブデザインが20年前から進歩していないように見えてしまう3つの理由とは? - GIGAZINE

「世界初のウェブサーバ」と「日本最初のホームページ」 - GIGAZINE

Internet Archiveのアーカイブ量が10ペタバイトに到達 - GIGAZINE

「インターネット・アーカイブのウェイバックマシンが記録した過去のウェブサイトの情報」に証拠能力があると裁判所が認める - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logc_nt