ネットサービス

GoogleのURL短縮サービス「URL Shortener」が2019年3月30日で終了


Googleは、2009年から提供してきたURL短縮サービス「Google URL Shortener」を2019年3月30日で終了することを発表しました。今後、URL短縮サービスは「Firebase Dynamic Link(FDL)」に移行することになりますが、これまでにURL Shortenerで作成されていた短縮URLはそのままで継続して利用できるようになっています。

Google Developers Blog: Transitioning Google URL Shortener to Firebase Dynamic Links
https://developers.googleblog.com/2018/03/transitioning-google-url-shortener.html

URL短縮サービスはTwitterやテキストメッセージ(SMS)など、入力可能な文字数が制限されている状況で、文字数が比較的多いURLを入力するときなどによく利用されています。GoogleのURL Shortenerによって短縮されたURLのドメインには「goo.gl」が設定されており、この文字列に見覚えがある人も多いはず。

Googleは、URL ShortenerからFDLへの移行は段階的に実施すると説明しています。2018年3月30日からは、Googleのアカウントに未ログインのユーザーはURL Shortenerにアクセスしても短縮URLの作成ができない状態となっています。


また、2018年3月30日時点で、短縮URLを作成したことがないユーザーは、2018年4月13日でサービスが利用できなくなるとのことです。2018年3月30日よりも前に短縮URLを作成したことのあるユーザーは、2019年3月30日まで引き続きURL Shortenerを利用することが可能です。

なお、GoogleはURL ShorterをFDLに移行すると発表していますが、FDLの利用には開発者でないとわかりづらい部分があり、一般ユーザー向けには利用のハードルが高いことが考えられます。そこで、サービス終了後の推奨サービスとして、GoogleはFDLの他にBitlyOw.lyなど、他のURL短縮サービスの名前も挙げています。

2019年3月30日以降もURL Shortenerで作成された短縮URLは、全てそのままの状態で利用可能ですが、短縮URLの情報がFDLに移行されることはないとのこと。このため、FDLに短縮URLの移行を検討するユーザーは、URL ShortenerからCSV形式のテキストファイルをエクスポートし、ファイルの内容をFDLに再登録する必要があります。


開発者の場合、URL Shortenerの利用期限は2019年3月30日で変わりませんが、プロジェクトによってURL Shortener APIの利用期間が異なっています。2018年3月30日よりも前にURL ShortenerのAPIにアクセスしたプロジェクトは、2018年5月30日から同APIを利用した短縮URLの生成が可能で、既にAPIを呼び出したことのあるプロジェクトであれば、2019年3月30日までは制限なく利用できるようになっています。

・関連記事
Googleのウェアラブル端末用OS「Wear OS by Google」の開発者向けプレビュー版リリース - GIGAZINE

Googleが「著作権侵害対策」でメディアプレイヤー「Kodi」をオートコンプリート候補から削除か - GIGAZINE

AlphaGoを開発したGoogleの人工知能研究部門が「機械学習によって書き順を考えながら文字を描くAI」を開発 - GIGAZINE

Waymo(元Google)が自動運転カーのラインナップにジャガーの電気自動車「I-PACE」を追加すると発表 - GIGAZINE

データ分析や機械学習にバリバリ使える上にブラウザで使用できて環境構築不要のPython実行環境「Google Colaboratory」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1j_ty