ゲーム

任天堂の家庭用ゲーム機の歴史を1枚の樹形図に


ついに明日にはWiiが発売されますが、ファミコンから連綿と続く任天堂の家庭用ゲーム機の歴史を今一度振り返ってみることができるのがこの樹形図。ゲーム機の進化の図ですね。

しかし詳しい人であれば「おいおい、あれがないぞ」と感じるはず。というわけで、わずか数ヶ月で消え去ったバーチャルボーイとか、ゲームボーイの画面に色を付けたスーパーゲームボーイ、そしてNintendo DSの原型が既にかいま見えるドンキーコングも調べてみました。
まず先ほどの画像はTシャツとして販売されているもので、以下のサイトから19.95ドルで購入できます。

Nerdy Shirts :: The Most Awesome Shirts in the World (Funny T-shirts, Funny shirts, Vintage Shirts, Vintage T-Shirts)

で、任天堂最大の失敗作の一つがこのバーチャルボーイ。

バーチャルボーイ - Wikipedia

見た目はこんな感じ。

Image:Virtual Boy kit.jpg - Wikipedia, the free encyclopedia

立体映像でゲームできるのがウリですが、赤と黒のモノトーン映像というのがだめだめだった原因らしい。わずか数ヶ月で消えてしまいました。

また、この1年前には初期の白黒のゲームボーイのソフトに色を付けるという「スーパーゲームボーイ」というものがありました。

スーパーゲームボーイ - Wikipedia

要するにスーパーゲームボーイにゲームボーイ用ソフトを差し込み、それからスーパーファミコンに差し込むというもの。この後、ゲームボーイカラーが発売されます。ちなみに私は当時、ゲームギアユーザーでした。

最後に紹介するのは「ドンキーコング」、といってもゲームソフトではなく、ハードです。

ドンキーコング - Wikipedia

以下がその本体の画像。見ての通り、上下2画面です。

Image:Gw donkeykong.PNG - Wikipedia, the free encyclopedia

これが今のNintendo DS。

Image:Nintendo DS Default.PNG - Wikipedia, the free encyclopedia

まさに原型と言っても過言ではないわけで。

さて、明日発売のWiiは任天堂のゲーム機の歴史にどのようなページを新たに刻むことになるのでしょうか……。

・関連記事
Wiiをハンマーで殴りまくって破壊するムービー - GIGAZINE

WiiとPS3はゲーム開始までにどれぐらい時間がかかるのか? - GIGAZINE

任天堂、正式にYouTubeにムービー広告を掲載 - GIGAZINE

in ハードウェア,   ゲーム,   メモ, Posted by darkhorse_log