ネットサービス

Windows 8の「Microsoft Store」サポートの停止をMicrosoftが開発者に通知


Microsoftがアプリストア「Microsoft Store(マイクロソフトストア)」での、Windows 8/8.1向けのアプリ提供のサポートを打ち切る方針であることを開発者に向けてアナウンスしました。

Important dates regarding apps with Windows Phone 8.x and earlier and Windows 8/8.1 packages submitted to Microsoft Store - Windows Developer BlogWindows Developer Blog
https://blogs.windows.com/buildingapps/2018/08/20/important-dates-regarding-apps-with-windows-phone-8-x-and-earlier-and-windows-8-8-1-packages-submitted-to-microsoft-store/

今回のアナウンスに関係するMicrosoft Storeとは実店舗ではなく、2017年10月に「Windows Store」から名称が変更されたネット上のアプリストアのこと。

具体的な予定として、2018年10月31日にWidows 8.x以前のOS向けのアプリケーションの受け入れが停止され、これ以後は開発者は新規アプリをMicrosoft Storeに登録することができなくなります。アプリの受け入れ停止措置は「Windows 8.x以前」なので、Windows 7なども対象で、事実上、ストアへの新規登録を認められるのはWindows 10向けアプリのみになります。ただし、登録済みのアプリについてはバージョンアップなどの更新プログラムの配布は可能だとのこと。


続いて2019年7月1日にWindows 8.x以前のOS向けのアプリケーションのMicrosoft Store上での配布を中止します。これ以降、開発者は登録済みアプリの更新の配布は可能ですが、これらの更新はWindows 10端末でのみ利用できるものになるとのこと。事実上、Windows 10向けのアプリケーションとしてのみMicrosoft Storeでのサポートを受けられる状態になります。

最終的に、2023年7月1日に、Microsoft StoreでWindows 8/8.1向けアプリケーションの更新がすべて停止します。これ以降は、Windows 10のみがMicrosoft Storeでのサポートを受けられる唯一のOSということになります。

Microsoftはアプリ開発者に向けて注意を出すとともに、既存のアプリケーションをUWP(Universal Windows Platform)に移植することを勧めており、以下のサポートページを公開しています。

Get started with the Universal Windows Platform (UWP) - UWP app developer | Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/uwp/get-started/

・関連記事
Microsoft Office 2019はWindows10のみをサポート - GIGAZINE

Microsoftが「Windows Phone 8.1」のサポートを終了、Windows Phoneシリーズはこのまま終了か - GIGAZINE

政府内での「Windows 8」使用禁止を中国が決定、その理由とは? - GIGAZINE

あのWindows98がブラウザで動かせる「Windows 98 - Virtual x86」 - GIGAZINE

「Windows 10がWindowsの最後のバージョンになる」とMicrosoftが明言 - GIGAZINE

MicrosoftがLinux用「SQL Server」やソフトウェアスイッチ「SONiC」を開発、よりオープンな方向へ - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by logv_to