レビュー

Netflixの字幕を英和同時に表示させて英語の勉強に役立ちそうなChrome拡張まとめ


Netflixの画面に「英語+日本語」など2言語の字幕を同時に表示させることで、語学や字幕翻訳の勉強ができるChrome拡張機能が登場しています。無料で使えるものから有料で機能が増えているものまで複数の種類が登場しているので、実際にいくつか使ってみました。

まず使ってみたのが、「Netflix 同時字幕で英語学習」と呼ばれる拡張機能。月額97円のサブスクリプション型拡張機能で、英語のワンフレーズを繰り返し再生したり、セリフが終わる直前に自動的にストップしたり、聞きたいところを3秒間巻き戻したりと、さまざまな機能が実装されているのがポイントです。


拡張機能のダウンロードはこのリンクをクリックし、画面右上の「今すぐ試す」か「¥97円/月で購入」をクリック。Chromeでアクセスしないとインストールできないので注意してください。


「拡張機能を追加」をクリック。


拡張機能を使うアカウントをクリック。


「許可」をクリック。これで拡張機能を使えるようになります。


拡張機能がインストールされると、ブラウザの右上部分に「N英」と書かれたアイコンが出現しました。クリックすると、実際に使える機能の数々を解説するダイアログが開きました。


主な機能は、再生画面左下の部分に集約されています。「3秒巻き戻し機能」は現在の再生位置から3秒巻き戻すことで、聞き取れなかったセリフを再確認することが可能。「ひとつのセリフをリピート再生」は、その時に再生されているセリフの部分だけを何度もリピートさせる機能。そして「セリフの終了直後に一時停止」は、聞いたばかりのセリフの字幕が表示されている状態でポーズがかかるというもの。これにより、英語と日本語の両方を見比べながら意味を落ち着いて考えることができるようになります。


画面右下には、この拡張機能をコントロールするための設定メニューがあります。0.1倍単位での再生スピードの切り替えや字幕の文字の大きさ、巻き戻し秒数、音声/字幕切り替えなどの設定が可能です。


実際にNetflixのドラマ「ハウス・オブ・カーズ」のワンシーンを表示させてみた様子がコレ。普通だと英語の音声を聞きながら日本語字幕を読んで脳内で整理をすることになりますが、この拡張機能を使うと英語と日本語の両方が文字で表示されることで和英の関係がより理解しやすくなっています。


また、この拡張機能は字幕翻訳のテクニックを垣間見ることにも役立ちそう。例えば、以下の画面の字幕には「History」という英単語に対して「上出来だ」と、にわかには理解できない対訳が付けられていますが、これはセリフ全体の文脈を見れば一発で理解できる内容。このようにして和英を対比させながら翻訳者のテクニックを盗み見ることができるのも、この拡張機能の便利なポイントといえそうです。


また今回は、以下の無料版の拡張機能「Subtitles for netflix」と「NflxMultiSubs」も試してみました。

Subtitles for netflix - Chrome ウェブストア


NflxMultiSubs (Netflix Multi. Subtitles) - Chrome ウェブストア


いずれも、画面上に英語と日本語の両方を表示させることが可能なので基本的な機能は「Netflix 同時字幕で英語学習」と大差なく、、お金をかけずに使いたい人はこちらでもまず問題なさげ。しかし、前述のような「3秒巻き戻す」や「セリフの終了直後にストップ」などの機能は実装されていないため、本気で英語や字幕翻訳を学びたい人は、月額100円程度を支払うという選択肢もアリといえそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
YouTubeムービーの字幕を2言語同時に表示でき語学学習にぴったりのサービス「CaptionPop」 - GIGAZINE

ダブルクリックするだけで英単語の和訳をポップアップ表示できるGoogle公式拡張機能「Google Dictionary」 - GIGAZINE

Google翻訳アプリ新機能「視覚翻訳」「音声リアルタイム翻訳」を使ってみた - GIGAZINE

生きた外国語の単語が習得できるこのコンセプトで誰か何かを作って欲しい - GIGAZINE

Google翻訳が突然「終末期」や「イエスの再来」などを予言してくると話題に - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.