試食

納豆をかけて食べる「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」をねばねばと食べてみた



カルビー初の「納豆味」というフレーバー「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」が期間限定で2018年6月25日(月)から登場してます。ポテトチップスに別添の納豆フレークを入れることで、パリパリしていながらもものすごい「ねばっねば」になるというのが気になったので実際に買って食べてみました。


これがカルビーの「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」(税込198円)。ローソン限定の商品となっています。


別添の銀色の袋に入っている納豆フレークをかけて食べるポテトチップスだとのこと。「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」は「かけて食べるポテトチップス」の第2弾にあたり、第1弾は2016年に別添のかつおぶしをかける「かけて食べるポテトチップス お好み焼き味」でした。第1弾の時に「別添でかけて食べる」というのが好評だったことを受けて、第2弾の「納豆好きのための納豆味」が開発されました。


袋の中には「ポテトチップスからし醤油味」が含まれています。「ポテトチップスからし醤油味」の原材料はジャガイモ・植物油脂・粉末醤油・砂糖などが並んでいます。内容量は55g。


「納豆フレーク(別添)」の原材料は「粉末納豆」のみ。


袋の中にあるポテトチップスを出してみます。


ほんのりと醤油色で甘めの天つゆのような香りが漂います。


なっとうフレークを使わずにそのままパリパリと食べると、香りから想像するとおりに醤油の甘辛い味がします。しかし、ほんのりと「からし」の爽やかな香りと辛味がします。辛味と香りは感じた瞬間にスッと引いていき、辛さは飲み物が必要のないレベルなので、辛いものが苦手な人でも大丈夫そう。納豆フレークと合わせなくても、単体で完成度が高いポテトチップスに仕上がっています。


いよいよ納豆フレークをポテトチップスにかけて食べてみます。最初に袋の表面にある納豆フレークを取ります。


袋の中にはサラサラの粉末納豆が入っていて、ほんのりと納豆の香りが漂います。


納豆フレークを好みの量でポテトチップスに加えます。様子見で納豆フレークを半分ほど投入。


納豆フレークを投入したら、袋の口を閉じて納豆フレークが満遍なくポテトチップスと混ざるようにシャカシャカとしっかり振ります。今回は縦横合わせて20回ほど振ってみました。なお、納豆フレークを混ぜた後は早めに食べることが推奨されています。


納豆フレークがかかったからし醤油味のポテトチップスができあがりました。


味は甘辛い醤油味のポテトチップスと粉末納豆のネバネバが合わさってまさに醤油ダレを加えた納豆。からしの風味がアクセントになっています。パリパリとした食感はそのままに納豆の旨みと風味が加わっています。粘り気は粉末納豆が付いている表面だけなので口から糸を引くことはありません。なお、開発者によると、納豆とチップスの味や適切な量の選定など、試行錯誤を繰り返し、20以上の試作品を作ったとのこと。


次は納豆フレークを全部投入。


納豆フレークが全体に行き渡るように振ります。今回も20回ふってみます。


納豆フレークを全て加えると、粉がポテトチップス表面をほんのりと白くさせました。


食べてみると舌の表面がポテトチップスに付いた粉末納豆で被われます。納豆フレークが半分ほどだった時より明らかにネバネバ度がアップして、ポテトチップスが上あごに張り付きまくります。まるで口の中が納豆を混ぜる小鉢になったような気分。納豆の存在感がアップして、ほのかに感じていた「からしの風味」が消えて、納豆の存在感が主役になります。まさに「納豆好きのための納豆味」を体現していると感じました。なお、「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」は納豆を使っているので人と会う前は食べるのを控えるのが良さそうです。

・関連記事
禁断のグルメ「ポテチ茶づけ」を「KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩」で味わってみた - GIGAZINE

あのハバネロを10年間も熟成&発酵させた「ハバネロかんずり」を生地に練り込んだ激辛スナック「暴君ハバネロ・熟ハバ」を味わってみた - GIGAZINE

風味が濃厚で確実にスゴくなっていた湖池屋「スゴーン」を食べてみた - GIGAZINE

ドラゴンのように立体的に巻き上がった形状のスナック菓子「ドラゴンポテト」全3種類を食べてみた - GIGAZINE

不二家と東ハトとがコラボした「不二家 ホームパイ(キャラメルコーン味)」を食べてみた - GIGAZINE

カルビーのスナック菓子をフライドポテトで再現した「ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)」や国産果汁を使用した「カクテルソーダ」などをロッテリアで味わってみた - GIGAZINE

コイケヤの創業当初の食感を目指した新ポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感」は「パリ」より「バリ」な濁音食感 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi