イーロン・マスクの宇宙・電気自動車・脳コンピュータにつづくフロンティアは「コメディ」なのか?


SpaceXで宇宙にロケットを飛ばし、テスラで電気自動車を広め、脳とコンピューターとの接続をも狙うシリアルアントレプレナーのイーロン・マスク氏が、極秘プロジェクトを進行中だとDaily Beastが報じています。その極秘プロジェクトはメディアの可能性があるようです。

Elon Musk Wanted to Buy ‘The Onion,’ Now His Team’s Hiring Its Staffers for a Secret Project
https://www.thedailybeast.com/elon-musk-wanted-to-buy-the-onion-now-hes-poaching-its-staffers-for-a-secret-project

風刺記事を掲載するニュースサイト「The Onion」が、2018年2月に「Elon Musk Offering $1.2 Billion In Grants To Any Project That Promises To Make Him Feel Complete」(イーロン・マスクは自己の完全性を感じさてくれるプロジェクトへ12億ドルの投資を惜しまない)という記事を掲載しました。この記事はタイトルからわかるとおり、あらゆる方面に進出するマスク氏を皮肉ったもの。マスク氏は「心に空いた穴」を埋めるために必死なようだと、次から次へと新しい事業に手を出し続けるマスク氏を風刺した内容になっています。

Elon Musk Offering $1.2 Billion In Grants To Any Project That Promises To Make Him Feel Complete
https://www.theonion.com/elon-musk-offering-1-2-billion-in-grants-to-any-projec-1822808899

しかし、Daily Beastが得た情報によると、この風刺記事を掲載したThe Onionをマスク氏がかつて買収しようと動いていたことがあるとのこと。The Onionが2016年に姉妹サイトであるAV ClubとともにUnivisionに買収される2年前の2014年にマスク氏がThe Onion買収に乗り出していたそうで、結局、エンターテインメント系メディアのAV Clubに関心がなかったため、買収は行われなかったようです。


The Onionの買収を諦めたマスク氏でしたが、Daily Beastは元The Onionの編集者と極秘のプロジェクトを進行中だという情報を手に入れました。主要なメンバーは、The Onionの元編集長のコーン・ボルトン氏と執行役員だったベン・バークーリ氏だとのこと。この二人はThe Onionの運営方針を巡って経営陣と対立したため編集部を去っており、その後、マスク氏と合流してロサンゼルスで極秘のプロジェクトを進行中だと情報源は明かしたそうです。

Daily Beastがボルトン氏とバークリー氏にコメントを求めると、「私たちがメディアの流行のトレンドから何も学ばなかったのは確かです。そこで、まったく新しい『コメディ』プロジェクトを立ち上げ中です」という回答を得ました。さらに、マスク氏を直撃すると、「電気自動車、宇宙開発、脳コンピューターの次にくるフロンティアが『コメディ』なのは明らかです」とDaily Beastに回答したそうです。

マスク氏自身は直接業務に関係していないようですが、マスク氏による新たなウェブサイトの立ち上げ計画は、近い将来、お披露目されることになりそうです。

・関連記事
イーロン・マスク氏が「質問ある?」を実施してスペースXの新ロケット「BFR」などについての質問に回答 - GIGAZINE

スティーブ・ウォズニアックが「イーロン・マスクやテスラの言うことはもう何も信じない」と発言 - GIGAZINE

太陽光発電・低価格EV・カーシェアなど、テスラのマスク氏が今後の10年を示した「マスタープラン・パート2」とは? - GIGAZINE

イーロン・マスクがテスラの従業員に宛てたメール「優れたコミュニケーションの姿」が頭にガツンと効く一撃 - GIGAZINE

ニューヨークからワシントンDCまでを30分で結ぶ「ハイパーループ」の建設承認を取り付けたとイーロン・マスク氏が発表 - GIGAZINE

地下トンネルを掘るためにイーロン・マスクが作った会社が火炎放射器を開発 - GIGAZINE

イーロン・マスクの「AI脅威論」はマーケティング戦略だという指摘 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logv_to