イーロン・マスクがロサンゼルス地下に掘ったトンネルを公開、幹線道路全体をトンネル化する壮大な計画についても示唆


都市部の渋滞を回避するべく、自動車を載せて地下を走るトンネルの掘削計画を推し進めているイーロン・マスクCEOが、SpaceX本社の北側の公道地下に掘り始めたトンネル内部の写真をTwitterで公開しました。マスクCEOの地下トンネル計画は着々と進行しているようです。

マスクCEOがぶち上げた「地下トンネル構想」とそれを実現するべく設立したトンネル掘削会社「The Boring Company」については、以下の記事で確認できます。

「トンネルを掘る」と言ったマスク氏のつぶやきから始まった「地下トンネル構想」のイメージムービー - GIGAZINE


もともとはロサンゼルス国際空港(LAX)からホーソーンにあるSpaceX本社までの交通渋滞事情にうんざりしたマスクCEOが、「渋滞とは無縁の地下トンネルが欲しい」という希望をつぶやいて始まった地下トンネル構想は、SpaceX本社近くの公道地下の掘削許可を取り付けて、2017年8月からトンネルが実際に掘り始められました。

そして、トンネル内の様子をマスクCEOがTwitterで公開しました。2017年10月28日に撮影されたばかりという写真には、コンクリートで補強されたトンネルの内壁や、レール、天井や壁に走る配管が確認できます。


「どれくらいの長さ?」という質問に対して、マスクCEOは「まだ500フィート(約150メートル)。3、4か月で2マイル(約3.2キロメートル)まで伸ばす」と回答しています。


注目すべきは、回答の中で「LAXから101号線に向けて405号線全体に延長したい」という希望が述べられている点。405号線はLAXやSpaceX本社付近を南北に走る主要な道路で、101号線は405号線に交差しビバリーヒルズやハリウッドを迂回するようにビジネスの中心地ダウンタウンにつながる幹線道路です。つまり、南北に走る405号線全体を地下トンネル化することで渋滞を回避するという具体的なトンネル掘削計画について、マスクCEOは明らかにしたというわけです。


「都市の渋滞を回避するべく多層のトンネルを掘る」というマスクCEOにとって、最大の問題は従来よりもはるかに効率的にトンネルを掘る掘削技術を開発すること。この掘削技術が実現すれば、都市部の地下にトンネルを張り巡らせたり、最終的には超高速移動体「Hyperloop」の地下チューブにも応用できる予定です。壮大な構想をぶち上げて実験を行い、行政をまきこんで計画を前進させるというマスクCEOの剛腕に、期待がかかります。

・関連記事
「トンネルを掘る」と言ったマスク氏のつぶやきから始まった「地下トンネル構想」のイメージムービー - GIGAZINE

イーロン・マスクの「時速200kmの地下トンネル網構想」、SpaceXの地下に初のトンネルが一部完成 - GIGAZINE

ニューヨークからワシントンDCまでを30分で結ぶ「ハイパーループ」の建設承認を取り付けたとイーロン・マスク氏が発表 - GIGAZINE

ハイパーループ開発陣営の一つ「Hyperloop One」が実物大の車両で時速310kmの走行に成功、ムービーも公開 - GIGAZINE

中国がHyperloopを超える最高時速4000kmの「高速飛行列車」を計画 - GIGAZINE

半島を横切り巨大船舶も運航可能な世界初の船舶用トンネル「Stad Ship Tunnel」がノルウェーに建造される予定 - GIGAZINE

117

in ハードウェア,  乗り物, Posted by logv_to