×
動画

生涯にスマホをいじる時間は計13年など「人生」というイベントで起こるさまざまな現象を数値化するとこうなる


人は歩いたり働いたり寝たりと、同じことを繰り返して生きていきます。日々、何気なくしている行為も、「一生涯」という数十年のスパンで見ると驚くべき回数になるということを、科学ムービーで知られるAsapSCIENCEが統計データで示しています。

What Happens In One Lifetime? - YouTube


アメリカ人の平均寿命は78.6歳で、世界平均よりも長くなっています。つまり、一生に2万8689日、24億7870万秒を過ごすというわけです。


この生涯に何がどれだけ起こるのかを調べてみます。


人は1分間に0.4mlの唾液を作ります。これは1日にすると0.5~1Lにあたり、一生ではバスタブ180~360杯にもなります。


男性は平均して1カ月に1度泣きます。女性は男性よりもよく泣く生き物で、泣く回数は男性の2.7倍。そして、人は生涯を通して1745回も嬉しくて笑います。


成人の1日当たりの歩数は1万回に届かず、アメリカ人の平均は5100歩です。生涯に1億4680万1613回も歩くことになり、歩幅が71センチメートルだとすると、地球を2.6周歩く計算です。


男性は人生で1~10兆匹の精子を生産します。セックスを始めるのはだいたい16、17歳からで、ベビーブーマーは生涯に平均11人のセックスパートナーを持つのに比べて、ミレニアル世代は8人しか持ちません。


人は20~60歳までに毎日1つか2つの新しい単語を学び、4万2000語を覚えることになります。


しかし、40歳頃から人間の脳の機能は10年ごとに5%ずつのペースで衰えていきます。


15歳から63歳までに平均して1日に7.9時間働くと、生涯では16年間も働くことになります。


さらに、30秒ごとに1日あたり85回もスマートフォンをいじっている若者は、1日に平均5時間もスマートフォンを手にしており、なんと生涯に13年間もスマートフォンをいじっている計算になります。


年に500時間、Netflixを試聴する人は、生涯で4.5年分もNetflixを観ることになります。


中には億万長者になる人もいますが、生涯の稼ぎは平均的な学士取得者で180万ドル(約1億9000万円)、大卒者で110万ドル(約1億2000万円)です。収入の0.9%分を費やすことで年間に515ドル(約5万5000円)をアルコールに使います。


1日の平均睡眠時間は男性が496.4分で女性は507.6分と、男性よりも女性の方が11分長め。人は人生の3分の1の時間、目をつぶっていることになります。起きているときでさえ、1分間に15~20回、1日に2万8800回もまばたきをします。


30歳までは10年間にインフルエンザにかかる平均回数は2回で、薬が改良されることで回数は減る傾向にありますが、屋内にいる時間が増えれば罹患率は高まります。科学誌Natureで発表された研究によると、人間は生涯の87%を屋内で過ごし、自動車の中で過ごす時間は6%だとのこと。


なお人間が生活する地球は、人間が一生を送るうちに738億8400万キロメートルもの距離を移動するそうです。

・関連記事
「自分は平均以上なのか以下なのか」がわかるさまざまな「平均」をまとめたムービー - GIGAZINE

世界中の人がアメリカ人のように暮らすには地球が何個必要か? - GIGAZINE

なぜ人間は人生の3分の1もの時間を睡眠に費やす必要があるのか? - GIGAZINE

寿命1000年はもう30年生きられれば実現できる可能性あり - GIGAZINE

「人生の生涯収入はキャリアの最初の10年で決まる」ということが判明 - GIGAZINE

人間の平均身長はどんどん伸びていくのか? - GIGAZINE

「医療ミス」がなんとアメリカ人の死因の第3位であることが判明 - GIGAZINE

松下幸之助の生涯を追いかけて名言の数々から学びを得られる「松下幸之助歴史館」を見てきた - GIGAZINE

in サイエンス,   動画, Posted by logv_to