ネットサービス

「ディズニー独自のストリーミングサービスでスター・ウォーズのスピンオフ新シリーズを配信する計画あり」とディズニーCEOが明かす


Netflixから作品を引き上げることを発表したディズニーは、独自のストリーミング配信サービス提供へと大きく舵を切りました。そのディズニー独自のストリーミング配信サービスに、「スター・ウォーズ」シリーズの新作投入予定があることを、ディズニーのトップが認めました。

Disney working on ‘a few’ Star Wars series exclusive to stand-alone streaming service - Polygon
https://www.polygon.com/2018/2/6/16981232/star-wars-series-disney-streaming

2018年2月6日にルーカスフィルムは、新たなスター・ウォーズ映画シリーズについて、人気ドラマGame of Thronesのクリエイターであるデイヴィッド・ベニオフとD.B.ワイスが製作責任者の役割を担うと発表しました。

Game of Thrones Creators David Benioff and D.B. Weiss to Write and Produce a New Series of Star Wars Films | StarWars.com
http://www.starwars.com/news/game-of-thrones-creators-david-benioff-and-d-b-weiss-to-write-and-produce-a-new-series-of-star-wars-films

スター・ウォーズファンにとってのビッグニュースの詳細は、以下のムービーで確認できます。

New Star Wars Films Announced! | The Star Wars Show - YouTube


ディズニーのロバート・アイガーCEOは、投資家との電話会議において、新しいスター・ウォーズの映画シリーズをベニオフとワイズが担当することについての質問の中で、「ベニオフとワイズの関心は、スター・ウォーズの世界をベースにした新シリーズの製作であり、実際に長い間そのシリーズについて話をしてきました」と述べ、映画とは別のスター・ウォーズ作品に取り組んでいることを明かしました。アイガーCEOによると、ベニオフとワイズの二人はスター・ウォーズのテレビシリーズについては興味がなかったそうですが、スター・ウォーズの神話に基づくシリーズの製作を望んだとのこと。


アイガーCEOはスター・ウォーズのスピンオフシリーズについてこれ以上詳しい内容を明かしていませんが、ディズニー独自のストリーミング配信サービス専用のスター・ウォーズ作品が提供されれば、多くのユーザーを引きつける強力なコンテンツとなりそうです。アイガーCEOは、「テレビ業界のタレント(才能)は重要です」とも述べており、独自のストリーミング配信サービスでは、テレビ業界から優秀なクリエイターの参加がある模様。

スター・ウォーズ神話をベースにした複数のスピンオフ作品シリーズについての詳細は、ストリーミング配信サービスに関する情報とともに、今後もたらされることになりそうです。

・関連記事
ディズニーが独自のストリーミングサービス開始、スター・ウォーズシリーズやマーベル・シネマティック・ユニバース作品などがNetflixで閲覧不能に - GIGAZINE

「スター・ウォーズ」やマーベル・ピクサー作品などディズニー公式配信サービスは500作品7000話を配信予定 - GIGAZINE

ディズニーランドに登場するスター・ウォーズの世界を再現した新エリアはこんな感じ - GIGAZINE

なぜNetflixはディズニーを失って2兆円もの負債を抱えても平気なのか? - GIGAZINE

「ミッキーマウス」の著作権を守るため、これまでどのような著作権法の変更が行われてきたのか? - GIGAZINE

ディズニーのオープンソースプロジェクトをまとめた「Disney Open Source」 - GIGAZINE

in ネットサービス,   動画,   映画, Posted by logv_to