×
ネットサービス

ディズニーが2019年末開始の新ストリーミングサービスを発表、名称は「Disney+」


2019年後半にディズニーがサービスを開始する予定のストリーミングサービスの名称が「Disney+」になることが発表されました。

New Star Wars and Marvel Series Announced for Disney+ Streaming Service - The Walt Disney Company
https://www.thewaltdisneycompany.com/new-star-wars-and-marvel-series-announced-for-disney-streaming-service/

Disney’s long-awaited streaming service will be called Disney+ - The Verge
https://www.theverge.com/2018/11/8/18077014/disney-plus-streaming-service-marvel-star-wars-loki-tom-hiddleston

ディズニーの会長兼CEOであるボブ・アイガー氏が2018年11月8日、2018年度の最終決算報告会の中で新サービスの名称が「Disney+」になり、アメリカで2019年後半にも提供を開始することを発表しました。

ディズニーが運営する新サービスということで、その目玉は何といっても豊富なディズニーコンテンツとなりますが、Disney+の目玉コンテンツとしてディズニーが用意したのはすでに報じられていたとおり、映画「スター・ウォーズ」シリーズと「Marvel」作品の新作を独占公開するというものになります。

「スター・ウォーズ」やマーベル・ピクサー作品などディズニー公式配信サービスは500作品7000話を配信予定 - GIGAZINE


すでに、ディズニー傘下のルーカスフィルムがスター・ウォーズシリーズからスピンアウトした新シリーズの企画に入っており、2019年に入ると制作が本格的にスタートされる見込みとのこと。新シリーズの内容は「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の前日譚となる模様で、反乱軍の形成期に同軍の情報将校であるキャシアン・アンドーの活躍を描くというものです。

アンドー役は前作と同じディエド・ルナが担当することになっており、新作の決定についてルナは「スター・ウォーズの世界に戻ることは、僕にとってとても特別なことだ。力を合わせて成し遂げたあの大仕事には多くの思い出があり、その中ではいろいろな人とのつながりが生まれた。素晴らしい冒険が待ち構えているし、新しく誕生するエキサイティングなフォーマットにより、このキャラクターがより深く掘り下げられることになるだろう」と語っています。

さらにDisney+では、Marvelのコンテンツが続々と投入されることになるとのこと。Marvelのスーパーヒーローが活躍する架空の世界「マーベル・シネマティック・ユニバース」を題材としたライブアクションシリーズが構築されるとのことで、映画「マイティ・ソー」に登場するスーパーヒーロー、マイティ・ソーの義兄弟で宿敵でもあるロキを題材にしたシリーズを、前作と同じトム・ヒドルストンが演じることも発表されています。

前述のように、Disney+は2019年後半にアメリカでサービスが開始される予定。日本でのサービス開始予定は記事作成時点では不明です。

・関連記事
ディズニーが独自のストリーミングサービス開始、スター・ウォーズシリーズやマーベル・シネマティック・ユニバース作品などがNetflixで閲覧不能に - GIGAZINE

ディズニーが2019年に開始予定のストリーミングサービスは「最優先プロジェクト」とCEOが発言 - GIGAZINE

「スター・ウォーズ」やマーベル・ピクサー作品などディズニー公式配信サービスは500作品7000話を配信予定 - GIGAZINE

「ディズニー独自のストリーミングサービスでスター・ウォーズのスピンオフ新シリーズを配信する計画あり」とディズニーCEOが明かす - GIGAZINE

ディズニーは2019年公開の「キャプテン・マーベル」をNetflixで配信しない予定 - GIGAZINE

in ネットサービス,   映画,   アニメ, Posted by logx_tm