ネットサービス

ディズニーは2019年公開の「キャプテン・マーベル」をNetflixで配信しない予定

by spablab

ディズニーは2017年にスポーツのストリーミングサービスを行っていた「BAMTech」を買収し、2019年後半から「独自のストリーミングサービスを展開する」と発表しています。独自のストリーミングサービスを開始するにあたり、ディズニーは自社コンテンツのスター・ウォーズシリーズ作品やマーベル・シネマティック・ユニバース作品のNetflixでの配信を停止する計画で、2019年3月に上映開始予定となっているマーベルのヒーロー映画「キャプテン・マーベル」はNetflixで配信されず、ディズニーのストリーミングサービスで独占配信されると報じられています。

Marvel Movies Will No Longer Be Released on Netflix Starting with 'Captain Marvel'
http://comicbook.com/marvel/2018/08/07/marvel-movies-disney-streaming-netflix-captain-marvel-2019/

Disney’s Streaming Service Starts to Come Into Focus - The New York Times
https://www.nytimes.com/2018/08/05/business/media/disney-streaming-service-ricky-strauss.html

定額制配信スタイルを取ると考えられているディズニー独自のストリーミングサービスでは、ディズニーやマーベルの新作映画コンテンツのほか、数本のテレビシリーズが配信される見込み。「スター・ウォーズ」の新作実写ドラマ版を製作して独占配信するとも報じられており、1話あたりの製作費は10億円を超えるとも推測されています。

そして2019年後半からスタートする予定のディズニー専門ストリーミングサービスの立ち上げに伴い、2019年3月に公開予定のマーベル・スタジオ製作映画「キャプテン・マーベル」は、Netflixで配信されないことに決まったとのこと。Netflixで配信されるマーベル映画は、「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」が最後になると考えられています。

ディズニーがNetflixで配信しなくなるのは新作の映画だけでなく、既存のコンテンツの配信も停止する予定ですが、「マーベルをテーマにしたテレビシリーズについては、Netflixでの配信を停止する予定はない」とのこと。しかし、ディズニーのアニメ映画やマーベルのヒーロー映画など、大きな人気を誇る映画の配信ができなくなってしまうため、Netflixにとっては大きな打撃になると予想されています。

by Ivan

・関連記事
「スター・ウォーズ」やマーベル・ピクサー作品などディズニー公式配信サービスは500作品7000話を配信予定 - GIGAZINE

ディズニーが独自のストリーミングサービス開始、スター・ウォーズシリーズやマーベル・シネマティック・ユニバース作品などがNetflixで閲覧不能に - GIGAZINE

「ディズニー独自のストリーミングサービスでスター・ウォーズのスピンオフ新シリーズを配信する計画あり」とディズニーCEOが明かす - GIGAZINE

「スター・ウォーズ」実写ドラマ版の予算は1話あたり10億円超か - GIGAZINE

なぜNetflixはディズニーを失って2兆円もの負債を抱えても平気なのか? - GIGAZINE

ディズニーが映画のヒーローをテーマパークに降臨させるべく進めるロボット開発プロジェクト「Stuntronics」とは? - GIGAZINE

in ネットサービス,   映画, Posted by log1h_ik