サイエンス

16世紀にメキシコのアステカ文明を壊滅的な状況に追い込んだ伝染病の実態が「死者の歯」から浮き彫りに

By Siddie Nam

1519年にスペイン人のエルナン・コルテスがメキシコに上陸してから数十年の間、先住民族であるアステカ人の間では人類史上最悪とも言われる謎の伝染病がまん延して壊滅的な状況に陥りました。埋葬されていた当時の死者の歯を調査したところ、その原因は「サルモネラ菌」の一種であった可能性が浮かび上がっています。

Salmonella enterica genomes from victims of a major sixteenth-century epidemic in Mexico | Nature Ecology & Evolution
https://www.nature.com/articles/s41559-017-0446-6

A New Clue to the 1545 Cocolitzli Epidemic in Mexico - The Atlantic
https://www.theatlantic.com/science/archive/2018/01/salmonella-cocoliztli-mexico/550310/

16世紀メキシコの壊滅的な伝染病はサルモネラ菌が原因と考えられる | Nature Ecology and Evolution | Nature Research
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/12328

この研究を進めたのは、マックス・プランク・ヒト・サイエンス研究所の人類学者であるキルステン・ボス氏らによる研究チーム。伝染病で亡くなった住人の歯の内部に含まれるサンプルを分析することで病原体のDNAを抽出し、アステカ人を破滅寸前に追いやった原因を明らかにしています。

16世紀にメキシコに上陸したスペイン人は、天然痘や麻疹、チフスなど多くの病気を現地に持ち込んだといわれており、現地の人々はこれらを総称して「ココリツトリ」と呼んでいたとのこと。1545年に最初の流行が発生し、その後1576年に再び被害が拡大します。そのたびに数百万人単位の死者が続出し、アステカ文明の人口は2000万人から200万人へと激減したとみられており、その様子を目の当たりにしたフランシスコ会修道士は「「朝から夕方にかけて、司祭たちは死体を運び、それを溝に放り込んで埋めた」と記しています。


このココリツトリの詳細はこれまでほとんど明らかにされておらず、天然痘や麻疹などの病気であると考えられてきましたが、最新のDNA分析技術を用いることでその正確な姿が明らかにされてきています。研究を行ったボス氏は、メキシコ南部にある大規模なミシュテカの墓地に埋葬された死者11人の歯を取り出してその中に残された病原体のDNAを詳細に調査しました。

歯の中の柔らかく生きている組織である歯髄には多くの血管が通っており、血液中に入り込んだ病原体ももれなく歯髄の中に流れ込みます。そして患者の死後には、歯の外側にある硬いエナメル質が何世紀もの間にわたった病原体のDNAを保護する役目を担うとのこと。ボス氏はこの血液の痕跡からDNAを抽出する新しい技術を用いることで、その病原体が病原菌の一種であるサルモネラ菌のDNA塩基配列を持つことを発見しました。

By John Patrick Robichaud

この病原菌は、「チフスを引き起こす細菌」を意味するSalmonella entericaあるいはS. entericaと呼ばれており、今回この菌が見つかったことで、アステカ文明を破滅に追いやる原因の一つとなった伝染病はチフスであったことを強く裏付けています。さらに、スペイン人が上陸する以前に死亡していた5人の歯髄サンプルからはS. entericaが含まれていないことも、この説を裏付けるものとなっているとのこと。チフスの発熱は、病気の人の糞便で汚染された食物や水を介して広がるもので、現代の社会では多くの人が密集して貧しい環境で多くみられます。

論文では、サルモネラ菌が他の病原体と相互作用した可能性があることも認めており、今回用いられた手法もその可能性を残すものであるとのこと。この手法ではDNAを検出することしかできない中、一部のウイルスはRNAで分裂を行っていることから、今回の手法では見つけられなかった他の要因があることを研究チームは認めています。

しかしながら、古いDNAを用いた分析手法は、これまで知ることができなかった過去の状況を知る手がかりになることが期待されています。フランスの公立大学・エクス=マルセイユ大学の微生物学者、ニコラス・ラスコヴァン氏は「この、古いDNAに関する分野で新たなステップは、人間の共生物である細菌に注目を集めることにつながるでしょう」と語っています。

・関連記事
これまで不明だったダーウィンの病気についてその内容が判明、ピロリ菌などに感染していた可能性も - GIGAZINE

人間の脳を食べて死に至る脳疾患を克服した一族の驚異的な「進化論」とは? - GIGAZINE

文化的・社会的な違いが遺伝情報の1つとしてDNAに刻まれている可能性が判明 - GIGAZINE

日本ではほとんど知られていない世界の奇病 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logx_tm