動画

なぜレーザービームは直線を描くのか?

By Jim Stanton

レーザーは自然光と違い、直線の軌道を描き、1点にエネルギーを集中させて力を加えることができるので、研究用途や産業用途、医療用途など幅広く活用されています。とはいっても、レーザーについて詳細に理解するのは少しハードルが高いもの。しかし、YouTubeで物理関連のムービーを多数公開しているminutephysicsチャンネルが公開しているムービーならば、レーザーの仕組みをわかりやすく理解することができます。

How lasers work (in theory) - YouTube


レーザーを作るための準備は、原子をたくさん集めてエネルギーを与えるだけです。


原子の1つが光のもとである光子を放出すると、この光子が他の原子上を通過し、それぞれの原子も連鎖するように光子を放出します。


ここで、一度放出した光子をそのままにせず。


2枚の鏡で閉じ込めて、前後に跳ね返させ続けると、たくさんの原子が刺激されてより強い光が生まれます。つまり、この状態で原子にエネルギーを与え続けることができれば、永遠に光を発することができるというわけです。


では光子が通過するだけで、なぜ原子は光子を放射するのでしょうか?


答えは簡単です。まず、2つのコインをひっくり返すことを考えてましょう。2つのコインが同じ状態である確率と、異なる状態である確率はそれぞれ50%です。


しかし、光子はコインのように1つ1つを区別することはできません。コインと同じように、光子をひっくり返すことを考えてみると、光子が同じ状態になるには2通りありますが、異なる状態になるのは1通りのみ。したがって、光子は同じ状態になりやすいといえます。


つまり、放出された光子がエネルギーを蓄えた原子を通過すると、原子から同じ状態となった光子が飛び出しやすいというわけです。


そして、2つの光子は一緒に過ごしたいからか、互いに全く同じ状態で同じ方向に進みます。


つまり、全く同じ状態となった、たくさんの光子を鏡の間で跳ね返し続け、最後に小さな穴を開けて放出すると、一直線な軌道のレーザービームを出せるようになるわけです。

・関連記事
成層圏をレンズ化して敵の対空レーザーを反射させ撃退する恐るべき軍事技術「Atmospheric Lens」 - GIGAZINE

Pbps(ペタビット毎秒)の超高速通信を可能にする「白色レーザー」を出力する半導体の開発に成功 - GIGAZINE

撮影スタジオを自作してキレイでハイクオリティな写真撮影をする方法 - GIGAZINE

電気なしで植物を光らせランプ並みに明るくする研究がMITで進行中 - GIGAZINE

イチローなどの日本人選手にゆかりがあるシアトルマリナーズのスタジアムツアーに行ってきました - GIGAZINE

in サイエンス,   動画, Posted by log1j_ty