カプコンの人気アクションゲーム「ロックマン」の映画化プロジェクトが進行中

By niXerKG

2015年にカプコンの人気ゲームシリーズ「ロックマン」の映画化プロジェクトが20世紀フォックスにより進められている、と報じられました。この時点では映画が実写なのかアニメーションなのかすら不明で、明らかになっていたのは「猿の惑星:創世記」などでプロデューサーを務めるピーター・チャーニン氏が映画のプロデューサーに就いているということだけでしたが、2017年7月になってこの企画が進行中であること、そして監督・脚本が決定したことが明らかになっています。

'Mega Man' Movie: 'Catfish' Helmer in Talks to Direct (Exclusive) | Hollywood Reporter
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/mega-man-movie-catfish-helmer-talks-direct-1022426


The Mega Man Movie Has Found Its Directors And Writers, Report Says - GameSpot
https://www.gamespot.com/articles/the-mega-man-movie-has-found-its-directors-and-wri/1100-6451830/

プロジェクトを進めているのはプロデューサーのチャーニン氏によるチャーニン・エンタテインメントと、HEROESに出演した俳優のマシ・オカ氏。20世紀フォックスは映画の権利を取得するために2年以上このプロジェクトに尽力していた結果、2017年の初めになってようやく権利関連の契約が成立し、プロジェクトが本格始動となったそうです。

そんなロックマンの映画化プロジェクトですが、監督および脚本として「キャットフィッシュ」や「パラノーマル・アクティビティ3」、「パラノーマル・アクティビティ4」などで監督を務めたヘンリー・ジュースト氏とアリエル・シュルマン氏の2人と最終的な交渉に入っているとのことです。

By SobControllers

ロックマンシリーズは日本のゲームメーカーであるカプコンから1987年に登場した作品で、ライト博士という科学者により生み出されたロボット「ロックマン」が世界を救うために悪の天才科学者・Dr.ワイリーが生み出したロボットたちと戦うというもの。

ロックマンシリーズは世界中で3000万本以上を売上げる人気作品で、日本のみならず世界中で愛されている人気コンテンツでもあります。つい最近でいえば、ロックマンファンがマリオメーカーならぬ「ロックマンメーカー(Mega Maker)」を作成して多くの注目を集めたように、作品登場から30年が経過した現在も根強い人気を誇っています。

・関連記事
ロックマンから「カプセルにはいるのじゃ」と諭すライト博士や「波動拳!」と叫ぶマグマード・ドラグーンが立体化 - GIGAZINE

ロックマン・シリーズ6作品が一挙にiOS・Androidで登場 - GIGAZINE

約4億円を集めたロックマンの稲船敬二氏によるアクションゲーム「Mighty No.9」が発売されるも賛否両論の事態に - GIGAZINE

ロックマンの新作アニメが2017年に公開、全26話構成で制作予定 - GIGAZINE

「ロックマン」を2次元と3次元の中間でプレイするプロジェクト「Mega Man 2.5D」 - GIGAZINE

海外で販売されたロックマンのパッケージがニセモノかと思うレベルの驚愕のダサさ - GIGAZINE

201

in 映画,   ゲーム, Posted by logu_ii