カラムーチョがちくわと融合した「紀文のカラムーチョちくわ」はもはやカラムーチョではなかった


スナック菓子の定番「カラムーチョ」は明星 一平ちゃん夜店の焼そばぼんち揚おにぎり・菓子パンなど数々の派生製品を生み出してきましたが、2017年2月27日(月)からは「紀文のカラムーチョちくわ」が登場しています。一体どんな食べ物なのか、実際に買って食べてみました。

カラムーチョちくわ  ちくわ 食卓を彩る紀文の商品 紀文食品
http://www.kibun.co.jp/products/all_216940a

紀文のカラムーチョちくわキャンペーン|紀文のちくわ
http://www.kibun.co.jp/brand/chikuwa/campaign/

これが「紀文のカラムーチョちくわ」。ホットチリ味で、「コイケヤ監修」とのこと。


カロリーは1包装あたり100kcal。


原材料名には魚肉、粉末調味料(チキンコンソメパウダー、唐辛子粉末、砂糖、オニオンパウダー)などが並んでいます。本家カラムーチョの原材料名にはチキンエキスパウダーが記載されているので、表記だけ見るとカラムーチョに寄せてあるな、という印象を持ちます。


包装裏面の表記には「『カラムーチョ』をイメージした唐辛子の辛さとガーリック、スパイスの旨みがきいたちくわです」という説明と共に、4つの唐辛子で辛さが表現されています。


開封すると、ころんと小さめのちくわが6つ入っていました。


1つ1つのちくわは爪楊枝で食べるとちょうどぐらいのサイズ。よく見ると、表面に唐辛子粉末のような赤い点が散っていました。


ちくわの中には「ヒー」という文字が入れられたものも。


一口食べてみて頭に思い浮かんだのは「ケバブ」の3文字。原材料名をもう一度確認したところ、クミンパウダー、ガーリックパウダー、フライドオニオンなども並んでおり、インドや中東で食べるようなケバブと同じ香辛料の風味を感じたのも納得。汗をかくほどではないのですが、口の中がヒリヒリするほどの辛さで、「開発担当者がビール女子です」という記載のとおり、おつまみに最適であろう仕上がりです。ただ、「カラムーチョは好きだけどエスニック料理は好きでない」という編集部員に食べてもらったところ、「あまり好きではないかも……」という感想だったので、カラムーチョが完全に再現されているわけではない様子。一方でエスニック料理が好きな編集部員は大歓喜でした。


本家のカラムーチョとどう違うのだろうか?ということで、購入してきました。


食べ比べてみたところ、確かにチキンエキスの風味は共通しているのですが、カラムーチョの大きなポイントであるサクサクした食感といもの風味が紀文のカラムーチョちくわにはなく、ふにゃっとした食感と最初にエスニック、後から魚の風味がやってくるカラムーチョちくわは「別物」であるという結論に。辛さも、カラムーチョちくわは本家カラムーチョよりも刺激的でした。


ただし、おつまみとしてはよさげなので、ちくわの間にキュウリを通してよりおつまみっぽい感じにしてみました。


キュウリによって辛さがややマイルドになり、これはこれでかなりアリ。ただご飯のおかずというよりもやはりお酒のアテという感じでした。


なお、紀文のカラムーチョちくわは税抜150円となっています。

・関連記事
なぜ激辛唐辛子メニューを食べた後に水を飲んでも効果がないのか - GIGAZINE

器を埋め尽くす大量の唐辛子で激辛ジャンキー垂涎ものな「無頼漢担々麺」を食べてきた - GIGAZINE

防塵マスク&ゴーグルを着用しないと作れない激辛唐辛子100本入りの「ギロチン炒飯【ゴッド】」を本当に命がけで食べてきました - GIGAZINE

激辛の唐辛子を食べると感じる「痛み」でケガをしてしまうことがあるのか? - GIGAZINE

味覚を破壊する激辛料理が多数集結した「KARA-1」で「半殺しカレー」に挑戦 - GIGAZINE

「心臓麻痺たこ焼き」「スーパーハバネロチキン」などの激辛料理を食べてきた - GIGAZINE

世界の唐辛子と辛い料理の辛さをわかりやすく図示した画像 - GIGAZINE

175

in ピックアップ,  試食, Posted by logq_fa