試食

カラムーチョがじっくりコトコト煮込まれたような「じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップ」や「こんがりパン」のカラムーチョなどを食べてみた


湖池屋のカラムーチョが30周年を記念して「日本全国カラムーチョ化計画」を実施しており、サッポロフード&ビバレッジの「じっくりコトコト こんがりパン」とコラボレートした「じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ ホットチリ味」「じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ スパイシーカレー味」を5月25日(月)から発売します。一方でサッポロフード&ビバレッジからはカラムーチョ味のスープ「じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップ」が発売されるとのことなので、一足先に3商品をまとめて食べてみました。

~湖池屋とのコラボ企画第二弾!『カラムーチョ』がスープになった!~ 『じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップ』 2015年5月25日(月)より全国で新発売 - ニュースリリース | 会社情報 | ポッカサッポロ
http://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/150514_01.html

左から「じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップ」「じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ スパイシーカレー味」「じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ ホットチリ味」です。


まずはじっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップを食べてみます。


カロリーは1食あたり123kcal。


原材料名には乾燥パン・野菜パウダー・植物油脂と並んでおり、「あまり辛そうではないな……」と思っていると、少し後ろにしっかり「香辛料」と書かれていました。


ペリペリ……とフタを剥がしてみます。この時点で明らかに普通のスープではない、ジャンクな香りが漂ってきます。


全体的にカレー粉のような黄色っぽい色合いで、大小2種類のサイコロ状の具が入っていました。


カップの内側の線までお湯を注いで……


お湯を入れたらすぐにくるくるとかき混ぜます。


1分待ったらトロリとしたスープが完成。


食べてみると、カラムーチョっぽいピリ辛のジャンクさがありつつも、全体的にはトマトの酸味や野菜の旨みがしっかりしたスープになっています。1カップまるごと飲むと体がポカポカしてくるのですが、ただ辛いだけでなく旨みがあるので、辛い食べ物が得意でない編集部員でもおいしく食べられました。香ばしいパンはスープを吸ってふわふわ。


小さなダイスはポテトクルトン。お湯を入れてもサクサクとした歯ごたえがありグッド。スナック菓子っぽさを表現しています。


続いて「じっくりコトコト」シリーズに使ってある一口サイズの「こんがりパン」に「カラムーチョ」の辛さとおいしさが加わったスナック。


まずは「じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ ホットチリ味」から。


カロリーは1カップあたり159kcalです。


原材料は小麦粉、植物油脂、ホエイパウダー、香辛料など。


フタを開けてみると中はこんな感じ。スタンダードなカラムーチョによく似た、赤寄りのオレンジ色です。


食べてみたところ、口の中にカラムーチョのあの味が広がります。ただし、細切りタイプのポテトスナックであるカラムーチョとは違い、角切りの焼いたパンに粉がまぶしてあるため、通常のカラムーチョよりは口当たりが軽く、香ばしさがあります。食べ進めても辛さをそこまで強く感じることがなく、ジャンクさが薄れていると言うこともできますが、「スナック菓子は重い」という編集部員には「むしろこの方がいい」と好評でした。


中はこんな感じで、サクサクのパンになっています。


続いて、「じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ スパイシーカレー味」


カロリーは1カップあたり159kcal。


原材料は小麦粉、植物油脂、ショートニング、食塩、砂糖、香辛料など。パッと見た感じはホットチリ味と同じような感じです。


しかし、カップをあけてみると、中のこんがりパンはやや黄色寄りのカレーパウダーが振りかけられています。


スパイシーカレーとホットチリを比較してみるとこんな感じ。


食べてみると、しっかりと煮込まれたカレーの味。スパイシーさはこちらもやや控えめで、パンの香ばしさと旨みあるカレーの相性が抜群です。


これも非常に軽い口当たりなので、パクパク食べ進めていけました。


なお、価格はじっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップが税別160円で、じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ ホットチリ味とじっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ スパイシーカレー味が税別150円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
発売30周年を記念し販売されるカラムーチョとすっぱムーチョのふりかけは刺激的であたらしい味わい - GIGAZINE

ポテトチップスを肉の代わりに挟んでしまったバーガー「ポテトチップスサンド」をカルビーキッチンへ食べに行ってきました - GIGAZINE

「新しい朝食」として湖池屋が考案した朝ポテチ「もも味&バナナ味」を実際に食べてみた - GIGAZINE]

カルビー初のレストラン「カルビープラス ファームダイニング」の素材を生かしたメニューで満腹になってきた - GIGAZINE

ジャガイモと塩と油のみで正真正銘本物のうすしお味、菊水堂のポテトチップを食べてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.