動画

汗をかいて熱を逃がすことで11分間連続腕立て伏せができるロボット「ケンゴロウ」


「ロボットに腕立て伏せをさせる」ということ自体はやらせることができても、長時間連続となるとモーターが熱を持ってオーバーヒートで止まってしまいます。しかし、東京大学情報理工学系研究科・情報システム工学研究室(JSK)では、「汗をかく」ことで熱を逃がし、11分間連続で腕立て伏せをし続けられるロボットを開発しました。

This Robot Can Do More Push-Ups Because It Sweats - IEEE Spectrum
http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/humanoids/this-robot-can-do-more-pushups-because-it-sweats

これがそのロボット「ケンゴロウ」の腕立て伏せです。

Kengoro the Robot That Sweats - YouTube


腕立て伏せに挑んでいるケンゴロウ


ケンゴロウは生体模倣(バイオインスパイアード)人型ロボットです。


その腕の動きはとても柔軟性が高く……


かつ、強靱です。


ケンゴロウの体には100以上のモーターが搭載されていて、人と同じような動きをすることができます。


しかし、モーターは高熱を発するので、排熱をどうするのかが問題となってきます。


そこで、ケンゴロウにはアルミニウムをレーザー焼結させた、まるでスポンジのように高い浸透性を持った多孔質素材フレームが用いられています。これによって、ケンゴロウの「体温」が上がったときにフレームに水を注入すると、多孔質素材から水がにじみ出てきます。これが「汗をかく」状態。水分は熱を奪って気化するので、モーターの排熱が行われ、オーバーヒートすることなく動作し続けることができるようになります。


この仕組みにより、ケンゴロウはより長い時間腕立て伏せをすることが可能。


連続で腕立て伏せを行える時間は、実に11分間にも及ぶとのこと。なお、通常の動作であれば脱イオン水1杯で半日は動けるそうです。

・関連記事
Googleが買収した日本の「Schaft」が、膝のない独自構造で安定感抜群の二足歩行ロボットを初披露 - GIGAZINE

人型ロボ「アトラス」が倒されても荷物を奪われてもめげずに任務を遂行するシュールなムービー - GIGAZINE

最新鋭の人型ロボット「アトラス」が淡々と雑用をこなすムービー - GIGAZINE

BMWが変形して人型ロボットになるリアルトランスフォーマー「Letrons」のムービー - GIGAZINE

ロボットでもなければ生物でもない「人工クリーチャー」を作ることに成功 - GIGAZINE

「ロボットだって生きてるんだ!」とロボット虐待をやめるよう訴えるムービーが公開中 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logc_nt