豆腐に粉をかけるだけで揚げずに揚げ出し豆腐が完成する「わが家は名酒場 揚げずにできる!揚げ出し豆腐」を使ってみました


揚げ出し豆腐というと、居酒屋の定番メニューとしても多くの人に愛されている豆腐料理ですが、家で作るには油や片栗粉など調味料の準備やあんかけの味付けに至るまで、何かと手間のかかる一品です。そんな揚げ出し豆腐を揚げ油ナシで簡単に作れるのが永谷園「そうざいの素 わが家は名酒場」シリーズの「揚げずにできる!揚げ出し豆腐」で、わずか6分で揚げ出し豆腐が完成するとのことなので、さっそく作ってみました。

わが家は名酒場 揚げずにできる!揚げ出し豆腐|商品情報|永谷園
http://www.nagatanien.co.jp/product/detail/584/

「揚げずにできる!揚げ出し豆腐」は夜の居酒屋をイメージさせるような、黒っぽいパッケージに入っています。


調理時間6分でやさしい味わいのふっくらとした揚げ出し豆腐が完成するとのこと。


袋の裏面には作り方がイラスト付きで書かれています。


原材料は、でん粉、米粉、卵黄粉、醤油、みりん、砂糖、鰹エキスなど。


揚げ出し豆腐2人分を作るとカロリーは合計347kcalです。


袋を開けると、衣とあんの小袋が1つずつ入っていました。


用意するものは「揚げずにできる!揚げ出し豆腐」の他に、豆腐半丁(約200グラム)のみ。豆腐の種類は指定されていなかったのですが、型崩れしにくい木綿豆腐を使うことにしました。


まずは豆腐を4等分に切ります。


切った豆腐をビニール袋に入れて……


「衣」も一緒に入れます。


次に豆腐の表面に衣をまぶしていきます。この時に袋をもんでしまうと豆腐が型崩れを起こすので、豆腐を袋の中でコロコロと転がすのがポイント。


フライパンに油大さじ1をひいて、十分温まったところで豆腐を投入。


豆腐の全面に焼き色がつくように向きを変えながら、中火で約5分間焼いていきます。


焼き色がついたら火を止めて、豆腐をお皿に移しておきます。


続いてあんかけを作っていきます。水100mlに「あん」を混ぜて……


フライパンに入れて、中火で約1分加熱します。


煮詰めている間は、鰹だしのいい香りが漂ってきます。とろみがつけばOKです。


できあがったあんを豆腐の上にかけて……


お好みで大根おろしやネギを加えれば、揚げ出し豆腐の完成です。


お箸で半分に割ってみると、もっちりとした触感で、揚げて作った揚げ出し豆腐と見た目は遜色ありません。ただ、あんかけが豆腐の中までうまく染みこまなかったので、材料には厚みの薄い木綿豆腐を使うのがよさそうです。


食べてみると、あんかけは風味豊かな鰹だしが効いてほっこりできる味で、ショウガをプラスするのもよさそうです。しょうゆ味がやや濃いめなのでお酒のお供にピッタリ。また、夕食のおかずに何か一品加えたい時や、いつもの豆腐料理と違ったものを作りたい時にも使えそうです。


なお、「揚げずにできる!揚げ出し豆腐」の希望小売価格は税込170円で、Amazonでは1袋159円で購入可能となっています。

Amazon.co.jp: 永谷園 わが家は名酒場 揚げずにできる!揚げ出し豆腐 52.5g: 食品・飲料・お酒 通販
http://www.amazon.co.jp/dp/B00URBMSKC/

・関連記事
豆腐を入れてチンするだけで本格的な「スンドゥブチゲ」「豆腐ハンバーグの和風あんかけ」が完成するキッコーマンのできたてMy Deliを作って食べてみた - GIGAZINE

「ヨーグルトなの?豆腐なの?」不思議な感覚を作りだす「ヨーグルとうふ」試食レビュー - GIGAZINE

400kcal前半でヘルシーな吉野家の新朝食「豆腐ぶっかけ飯~鯛だし味~」「鶏そぼろ飯」を食べてきた - GIGAZINE

もめん・絹ごし・たまご豆腐など豆腐っぽいパッケージに入った付箋 - GIGAZINE

欧米で「Tofu(豆腐)」が健康食として認められていることがよく分かる図 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log