試食

フレッシュネスの「クリスピーチキンバーガー」のチキンはKFCにも負けないクオリティ


これまでにも「ジャークチキンバーガー」や「チキン南蛮カレーバーガー」などチキンを使ったハンバーガーを販売してきたフレッシュネスは、3月4日(水)から骨なしのチキンを挟んだ「クリスピーチキンバーガー」と「トマトクリスピーチキンバーガー」を発売しています。ひと味違ったハンバーガーに仕上がっているとのことなので、実際に食べてくることにしました。

サクッと揚げた店内調理の手作りチキン新商品『クリスピーチキンバーガー』ハニーマスタードとローストアーモンドの香ばしいアクセント2015年3月4(水)発売スタート
(PDFファイル)http://www.freshnessburger.co.jp/about/pdf/150218_freshness_crispychickenburger.pdf

フレッシュネスバーガーに到着


店頭でも2つの新商品をアピール。


お店に入ってさっそく注文します。


待つこと10分ほどでメニューが到着。


クリスピーチキンバーガー(税抜360円)は、店内で鶏モモ肉を下ごしらえしたこだわりのバーガー。


横から見ると、バンズの間にマヨネーズ・サニーレタス・スライスオニオン・ハニーマスタード・クリスピーチキンが確認できます。


上段のバンズを外すと、クリスピーチキンの上にローストアーモンドが載っていました。


「クリスピー」という名前だけあり、揚げたてのチキンは見た目からしてサクサク。衣にはバジル・セロリ・コリアンダーなどの8種類のスパイスが使われています。


ガブリとかじりついてみると、パリパリでコショウなどのスパイスで味付けられた旨味たっぷりのもも肉がいい感じ。ハニーマスタードは日本人にはあまりなじみがない調味料ですが、甘さはマスタードの味を引き立てる程度でクリスピーチキンとも好相性。野菜もたっぷり入っていますが、チキンとハニーマスタードの味がしっかりしているので、味が薄まってしまうことはありません。


カリカリとした食感のローストアーモンドもグッド。スパイス味のクリスピーチキンやハニーマスタード、ローストアーモンドなど個性の強い食材が使われているので味のバランスが心配でしたが、全くの杞憂でした。


トマトクリスピーチキンバーガー(税抜410円)は、トマトが入り値段が50円アップ。


クリスピーチキンバーガーよりさらに大きく口を開けてかぶりついてみましたが、トマトが入ってもチキンやハニーマスタードの存在感が薄れることはなく、サクサク・パリパリした食感もいい感じ。トマトが好きならこっちのハンバーガーを頼んでも良さそうです。


クリスピーチキンバーガーとトマトクリスピーチキンバーガーは期間限定での販売。フレッシュネスバーガーの期間限定商品の中でもかなりハイクオリティな期間限定商品なのでフレッシュネスバーガーが好きな人、チキンが好きな人にオススメです。

・関連記事
宮崎県の郷土料理チキン南蛮にカレーを挟んだ「チキン南蛮カレーバーガー」をフレッシュネスで食べてきた - GIGAZINE

オバマ大統領の好物ジャークチキンを挟んだフレッシュネスバーガー「ジャークチキンバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

ケンタッキーのチキン食べ放題突撃レポート、レッドホットチキンも食べ放題するとこんな感じに - GIGAZINE

ギャートルズ肉っぽい「骨付き原始肉風 ハンマーチキン」をミニストップで食べてみた - GIGAZINE

チキンラーメン味のソフトクリームや全国から集まった約100種類の駅弁などが集結した「エキマルシェ新大阪」に入っているお店はこんな感じ - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log