ムービー

3DCGを粘土のようにコネコネして作成できる「VRClay」


没入型3Dヘッドアップディスプレイ「Oculus Rift」を使い目の前に球体を表示させて、コントローラーで粘土のようにこねくり回すことで思い通りの3DCG作成を可能にしたのが「VRClay」です。

VRClay - Sculpting in virtual reality | Oculus Rift and Razer Hydra
http://vrclay.com/

どんな感じで立体物が作れるのかというのは、以下のムービーを見るとよく分かります。

Sculpting in Virtual Reality - Oculus Rift DK2 + Razer Hydra - YouTube


画面に現れたのは赤い球体。これをコントローラーでつつくと……


ベッコリとへこみます。


反対に一部分だけをグニュ~と引っ張りだすことも可能。


わずかな凹凸をつけた球体をもとの状態に戻すのも簡単です。


引っ張り出した先端を平らにしています。


また、左右対称の立体を作ることも可能です。球体の右側をコントローラーで引っ張ると、左側も同じように引っ張られていきます。


タコのようなものになりました。


軸を中心として造形していくこともできます。


ぐるんぐるんと立体物を回して確認。


拡大。


縮小。


これが実際にOculus Riftを装着してVRClayを装着しているところ。イメージ的にはこんな感じで3DCGを作っているわけです。


両手に握ったコントローラーを動かして、ぐにゃ~と球体を引き延ばします。


触角のようなものを付けて……


アリっぽいものを作成。


今度は別の3DCG作成に取りかかっています。


凹凸を付けていく男性。


よくわからない生き物のような3DCGができあがったのでした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
建物を丸ごと3Dスキャンしてハイクオリティな3DCGを作り出すエンジン「Thorskan」 - GIGAZINE

17世紀のロンドンの街並みをCrytekエンジン使用の3DCGムービーで復元 - GIGAZINE

初音ミクの革新的な3DCG「14モデル」制作の裏側がわかるドキュメンタリー・ムービーが公開中 - GIGAZINE

MMDモデルを3DCGでウェブ上に公開し閲覧者がアングルを動かしまくれるJavaScriptライブラリ「jThree」 - GIGAZINE

無料の期間限定で3D人物CG作成ソフト「DAZ Studio 4 Pro」が入手可能 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.