サイエンス

75歳の男性の肌からDNAを採取しクローン細胞を作ることに成功


国によっては人間を対象としたクローン研究を禁止しているところもあり、クローン研究は議論の的となっていますが、そんな中でアメリカの研究チームが成人男性の肌から採取したDNAを使って人間の細胞をクローニングすることに成功しました。

First Embryonic Stem Cells Cloned From A Man's Skin : Shots - Health News : NPR
http://www.npr.org/blogs/health/2014/04/17/303658757/first-embryonic-stem-cells-cloned-from-a-mans-skin

Scientists Make First Embryo Clones From Adults - WSJ.com
http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303626804579507593658361428

今から18年前に羊を使った実験で初めてほ乳類のクローンが誕生しました。ドリーと呼ばれたクローン羊を生み出した技術は、人間に応用されれば無数の病の治療法として使える可能性がありながらも、倫理の面で大きな問題を抱えていました。実際に、中国ではクローン豚を大量生産する世界最大の「クローン工場」が作られ、物議をかもしています。


今回の研究はオレゴン健康科学大学のRobert Lanza教授やCHA UNIVERSITYのYoung Gie Chung教授らが率いるチームによって医療への転用を目的に行われたもの。

Lanza教授らは2013年の時点で既に幼児と胎児の細胞からクローンを作ることに成功していましたが、人間は年を追うごとに糖尿病やアルツハイマー病、パーキンソン病といった病気になる可能性が増えていくものなので、成人のDNAから人工細胞を複製できなければ、この技術の価値は半減してしまう、という点が問題でした。

また、ごく初期段階の胎児から細胞を採取した場合、胎児を破壊してしまうという問題も抱えていました。例えまだこの世に生まれていなくても、これは命を奪うことと同じである、という声が上がっていたのです。

そこで研究チームは35歳の男性と75歳の男性ドナーの肌からDNAを採取。未受精の卵子からDNAを取り出して、代わりに大人のドナーから採取したDNAを入れました。すると卵子は自動的に再プログラムを始め、胚盤胞にまで育ちます。


胚盤胞をラボで培養したところ胚盤胞からはドナーのDNAと完全に合致する幹細胞が生まれ、幹細胞はその後、心臓細胞のような別のタイプの組織に変化。この組織は拒絶反応なく患者に移植できるため多くの疾病の治療に役立つと考えられています。Lanza教授と共に研究を行っていた発達生物学者のShoukhrat Mitalipov氏は「我々の研究が正しかったことが証明され、とても嬉しいです」と語りました。


今回の手法はクローン羊の作り方とは別の方法で、「今我々にはクローンを作るために2つの方法がありますが、どちらの方法が優れているのかは私にはわかりません」とLanza教授は語ります。

ただし実験が成功したといっても、これがただちに完全な人間のクローンが作れるという結論に結びつくわけではありません。研究者たちは何年ものあいだ猿のクローンを作ろうとしていますが、いまだに成功例はゼロ。ウサギや羊、犬などのクローン作りには成功していますが、それさえ何年にも渡って数え切れないほどの卵子や胎児を使った実験に失敗してたどり着いたのです。

科学者の中には医学的観点からクローン技術の進歩に興奮する人もいますが、一方で、この技術は人間のクローン作成への境界線を越えてしまった、として慎重な声も上がっています。今回作られた胚盤胞を子宮に戻してもクローン人間は生まれませんが、いずれ科学の知識を持った人々が技術を乱用する恐れも十分に考えられるのです。

by Kevin O'Mara

・関連記事
クローン豚を大量生産する世界最大の「クローン工場」で作られる生命と将来の科学について - GIGAZINE

「DNA検査」を3つ同時に受けてみたら明らかになった興味深い事実とは? - GIGAZINE

マウスを人間の代用にした医学実験の一部は時間の無駄、と研究者が警告 - GIGAZINE

知的障害の多くは遺伝ではなく遺伝子の突然変異によるということが明らかに - GIGAZINE

遺伝子組み換えによって「人間の母乳と同様の成分のミルクを生み出す雌牛」が開発される - GIGAZINE

3人の親からDNAを受け継ぐ子どもを生み出す技術の問題点とは? - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa