試食

ピノの「アーモンドチョコ&ミルクチョコ」はベルギー産チョコレートとアーモンドペーストを使ったリッチな味


一口サイズのチョコアイス「ピノ」は今までにもミントやダークショコラなどのさまざまな限定商品を発売してきましたが、1月27日(月)に「ピノ アーモンドチョコ&ミルクチョコ」を発売しました。アーモンドとチョコレートの鉄板の組み合わせを味わいたかったので、買って食べてみました。

ピノ アーモンドチョコ&ミルクチョコ | アイスクリーム | 商品情報 | 森永乳業株式会社
http://www.morinagamilk.co.jp/products/icecream/pino/1680.html

ピノ アーモンドチョコ&ミルクチョコのパッケージは、アーモンドの薄い茶色が基調となっています。


裏面には「身近な人にチョコっと言葉をそえてチョコアイスを贈ろう!」というキャンペーンのお知らせが書かれています


アイスはベルギー製のチョコレートを使用したマイルドなミルクチョコレートアイスとなっており、アイスをコーティングするチョコにはアーモンドペーストが練り込んであります。


原材料には乳製品・チョココーティング・ココアなどが含まれています。


カロリーは1粒あたり33kcalで、箱に入っている6個を全部食べると198kcal。


開封すると、ちょこんと丸みを帯びたピノが登場


表面には少し霜が付いていました。


切ってみるとこんな感じで、表面のチョコは薄めで口溶けが良さそう。


口に含むと、表面のチョコが薄いぶんほろりと溶けて、追って中のミルクチョコアイスの味が広がります。どちらかというとチョコよりもアーモンドの味のほうが若干強くなっており、甘さも控えめで食べやすアイス。ピノは口溶けがかなりいいアイスなので、冷凍庫で保存する際は高めの温度で保存しておいたほうが良さそうです。


ピノ アーモンドチョコ&ミルクチョコは税込126円になっています。コーヒーなどにも良く合いそうな作りになっているので、3時のおやつにピッタリです。

・関連記事
pino(ピノ) ミントのミント味はどれぐらいなのか - GIGAZINE

ピノの期間限定の新作「ヘーゼルナッツ&シーズンアソート」を食べてみました。 - GIGAZINE

ほろにがチョコの「ピノ ダークショコラ」をノーマルピノと食べ比べしてみました - GIGAZINE

セブンプレミアムの「濃厚な味 チョコバー」は108円とは思えないリッチな味 - GIGAZINE

やわらか~い生チョコでチョコアイスを包み込んだ「セブンゴールド金のアイス 濃厚生チョコ <期間限定チョコ>」レビュー - GIGAZINE

コールドストーンのセブンイレブン限定アイス「ミルフィーユ★ベリーパイ」と「グラマラスチーズケーキファンタジー」を食べてみました - GIGAZINE

野菜やフルーツを非加熱殺菌の新技術でそのまま閉じ込めてお酒も使ったアイスキャンディー「PALETAS」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log