試食

明治製菓「きのこの山 ほろにが」はノーマルのものよりおいしさアップ


明治製菓が7月3日(火)から発売を始めた「きのこの山 ほろにが」を早速買ってきて食べてみました。見た目がノーマルのものとがらっと変わってブラックになっており、味もかなりビターになっています。

詳細は以下の通り。
明治製菓:きのこの山ほろにが

箱は黄色と緑が目立つノーマルに対して、青が基調になっている。


「大人のおいしさ」だそうです。


箱を開けるとモバイルサイコロキャンペーンについて書かれています。


内側にもびっしりと説明が書かれている。詳しくは明治製菓:きのこの山・たけのこの里で確認して下さい。


皿に盛ってみた。ブラックキノコがいっぱい。


ぐっと寄ってみる。


断面も黒い。


見た目が真っ黒で、かなり苦いものを想像していたのですが、チョコレートは軽くビターになった程度。スナック部分はカカオ風味のサクサクが美味で、チョコとの相性がとてもいい。普通のきのこの山もチョコ菓子としておいしいですが、それよりもかなりおいしくなっています。ビターチョコレートのようなほろ苦さを求めていた人には物足りないですが、普通のチョコレートが好きな人はかなり気に入るのではないでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「きのこの山 香ばしクリスプ」vs「たけのこの里 あじわいクランチ」 - GIGAZINE

「きのこの山 トリュフアイス」を食べてみました - GIGAZINE

「ひと手間かけた たけのこの里 ぎっしりナッツ」を食べてみました - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.