ムービー

Photoshopっぽいソフトでムービーを再生しながら加工して美女を作る「NOUVEAU PARFUM」


技術の進化によって写真の中の美女を小太り&中年のおじさんに変身させることも簡単にできるようになりましたが、写真ではなく、ムービー中で動いたり歌ったりする女性を加工していき、スッピン状態から美女に変身させるまでを描いたのが「BOGGIE: NOUVEAU PARFUM」です。

BOGGIE: NOUVEAU PARFUM on Vimeo


ムービーは女性のアップから始まります。


現れたのはすっぴんで無造作ヘアの女性。


まずは消しゴムツールを使って余計な髪の毛のハネを消していきます。


顔のシミ・くすみや……


ストラップも消し消し。


首の周辺を選択。


きゅっと細くします。


色を明るくして鼻筋を通します。


さらに顔全体を明るくしていきます。女性は歌い出し、顔の筋肉は動いていきますが、加工には関係なし。


画面左にある目のアイコンを押して、右目を選択。


マウスでドラッグすると目が顔の外に移動しました。


くるりんと左右反転させると……


右目と左右対称の左目が完成。


作った左目を顔の左半分に持っていきます。


ここですぐに配置してしまうのではなく、右目の位置を測定します。


右目と完全に左右対称になる場所を選んで、作った左目を移動。


これで左右非対称だった目が左右対称になりました。


眉毛もレタッチ。


さらに首回りを選択し……


色のトーンを明るくします。


この時点で既に冒頭とは全く違った印象です。


画面右から口のボタンを選択すれば、唇や歯の明るさ・コントラストを調整可能。


目をブラウンっぽく。


金色っぽくもできます。


髪型を憧れのサラサラストレートに。


画面全体のトーンを明るくします。


コントラストをハッキリ。


アイシャドーなど、目の周辺をメイクアップ。


唇の色を変更。


髪の色もチェンジ。


さらに髪型を変更し……


画像加工のビフォーアフターがよく分かるような2画面表示。


白飛びしすぎ、と思ったら……


明るさを少し押さえます。


透けるような肌の色と豊かな髪、印象的な目元が強調されました。


この後さらに加工は続けられ、冒頭の女性とはかけ離れた美女が完成していくというわけです。

フォトレタッチならぬムービーレタッチを行う技術は実際に存在しますが、上記のソフトウェアは実際に存在するものではなく、フランス人歌手Csemer Boglárkaさんが歌う「Nouveau Parfum」のミュージックビデオの演出。最近ではPhotoshopを使った女優やモデルの加工が珍しくありませんが、「アイドルが歌いながら加工されていく」というこのムービーをラストまで見ると、自然の美しさと作られた美しさのライン引きや是非について考えてしまうような作品になっています。

なお、その他Csemer Boglárkaさんの活動はウェブサイトから確認可能です。

B O G G I E | Csemer Boglárka
http://www.boggieofficial.com/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
オードリー・ヘプバーンをフルCGで完全再現、イタリアの街で動くとこうなる - GIGAZINE

フォトレタッチならぬムービーレタッチで女性を若返らせる驚異の技術 - GIGAZINE

Photoshopで40分かかっていた作業が5分でできる「神速Photoshop」 - GIGAZINE

Photoshopを使いこなすための印象的なチュートリアルいろいろ - GIGAZINE

コスプレ写真をPhotoshopで魔改造劇的ビフォーアフターするとこうなる - GIGAZINE

フォトレタッチ・ビフォーアフター - GIGAZINE

パシフィック・リムの映像がVFX加工で作成されていく様子を集めたムービー「Pacific Rim ‘Before & Afters’」 - GIGAZINE

美女に変身した女性をさらにPhotoshopで小太り&中年のセクシーサンタに変えるまでの一部始終ムービー - GIGAZINE

美女の印象をガラッと変えるフォトレタッチのビフォーアフターがよくわかる「Hart-Worx」 - GIGAZINE

Photoshopを本気で使い倒せば画像はここまでイジくれるという10個の例 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.