試食

モスの秋の新作スイーツ「苺ムースケーキ&紫芋のモンブラン」を食べてきました


10月1日(火)は各社からいろいろな新商品が発売されますが、モスバーガーも同様に「苺ムースケーキ」と「紫芋のモンブラン」を期間限定で新発売を開始します。今年の4月から始まったモスバーガーのデザートブランド「カップパティシエ」シリーズの新作となっており、鮮やかな見た目が美味しそうだったので、食べに行くことにしました。

なめらかな口当たりのムースを使用した季節のカップデザートが登場!「苺ムースケーキ」「紫芋のモンブラン」
http://www.mos.co.jp/cp/cuppatissier/131001/

モスバーガーに到着。


店内であまり目立った新商品の告知はありませんでした。レジに向かいます。


レジのメニューに苺ムースケーキ(税込330円)と紫芋のモンブラン(税込330円)を発見。さっそく注文してみます。


レジでメニューを受け取って席へ。赤いソースが鮮やかな苺ムースケーキと、紫芋のクリームが目を引く紫芋のモンブラン。


苺ムースケーキはクリーム・ソース・スポンジなどが層になっています。


赤いソースがクリームの白に映えます。


赤すぐりの実もクリームの上に3粒トッピングされていました。


横から見るとソース・クリーム・ムース・ジャム・スポンジの層が確認できます。食べてみることに。


ソースのフランボワーズのような爽やかな酸味がクリームと好相性。赤すぐりの実はかんでみると、レモンほどではありませんが酸味を強く感じ、いいアクセントになっています。


下の層はムース・スポンジともふわふわで柔らかい食感がグッド。ジャムはしっかり苺の果実感が残っています。主役はムースで、酸味がある分さっぱりしており、食後にも良さそうです。


紫芋のモンブランは苺ムースケーキに比べ秋らしい色。


細い紫芋のクリームの上に、フライしたサツマイモがトッピングされています。


横から見るとこんな感じ。クリーム・薄紫色のムースが確認できます。上の層をすくってみることに。


量は少なめですが、スポンジが確認できました。食べてみます。


紫芋のクリームは色が目を引きますが、派手な見た目に反してほっとするような素朴な味わい。サツマイモのチップスもカリカリとした食感がいいアクセントになっており、スポンジは柔らかいので異なった食感を楽しめます。


紫芋のムースはちょっとクリームの味が強めで、もう少し紫芋の味がほしいところ。どちらのデザートもコーヒーより紅茶のほうが相性は良さそうです。


苺ムースケーキと紫芋のモンブランともに期間限定での販売。モスバーガーはゆったりくつろげるような店舗も多いので、デザートとドリンクを頼んでカフェのように利用するのもアリかもしれません。

・関連記事
創業130年を超える京都の焼き芋屋さん「丸寿」へ行ってみました - GIGAZINE

パフェ、チョコ、チュロスがあなどれない、知られざる徳島スイーツの世界 - GIGAZINE

すっぱい梅干しを凍らせると甘くなる新感覚デザート「アイス梅」 - GIGAZINE

ハンバーガーも揚げドーナツも出さないモスとミスドの新業態、関東への出店も - GIGAZINE

レタスでパティをサンドした「モスの菜摘」全6種類などモスバーガー新商品を食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log