ハードウェア

三脚・ライトなどが取り付け可能になるアルミ製iPhone 5ケース「RECTA CAM」


強度を保ちつつアルミ独特の質感が楽しめる、自動車部品製作向けのアルミダイキャスト技術を使ったiPhone 5用ケース・バンパーが「RECTA(レクタ)」シリーズなのですが、バンパーケースに加え新たに三脚や車載用カメラスタンドに取り付けることができる「RECTA CAM」が発売されるということなので、実際にRECTA CAMを借りて使ってみました。

これが「RECTA CAM」


アルミニウム製のケースは組み立て式。


RECTA CAMには専用のレンチと予備のねじ2個が付属しています。


ケースの大きさは127mm×61mm×18mmで、実測重量は約60gです。


使用する際はケース部分の上にiPhoneを載せた後、バンパーを載せていきます。


付属の六角レンチを使って四隅のネジを留めて……


完成。iPhoneに設置した後の実測重量は約180g。


取り付けが終わるとこんな感じ。


バンパーはブラックですが、裏返すとケースはシルバーになっています。


ケースは上部のスリープボタンに干渉しないようになっています。


側面にある音量調節ボタンや着信/サイレントスイッチもちゃんと使える状態。


ケースの両側面には三脚を取り付けるための穴があいています。


ということで、実際に三脚を使用してiPhoneで撮影を行っていきます。


三脚を使ってiPhoneで撮影を行うためには通常、このような三脚マウントが別途必要ですが……


RECTA CAMを使っていれば、わざわざマウントを取り付けなくともサッと三脚にセットすることが可能。


また、ケースの両側面に取り付け部があるため、ライトをセットすることもできます。


こだわりの写真をサッと撮影できるというわけです。


この他、一脚を使って自分撮りを行ったり、車専用のスタンドに取り付けてドライブレコーダーとして利用することも可能で、iPhoneをカメラ代わりとして日常生活の中で使い倒している人は、すぐに付け替え・使用ができて便利そう。なお、発売予定日は5月13日で価格は税込7980円です。

watt-nave design ミニマルなアルミ製品を創造するワットネイブデザイン
http://www.watt-nave-design.com/product/iPhone5_RECTA_CAM.html


Amazon.co.jp: RECTA CAM iPhone5用アルミダイキャストケース 三脚取り付けねじ穴付き ブラック: ホーム&キッチン
http://www.amazon.co.jp/watt-nave-design-RECTA-CAM-iPhone5/dp/B00CR75WLG/ref=sr_1_6?m=A8YXUK5Y27Z7V



この商品はGIGAZINE夏のプレゼント記事からゲットすることもできます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
実測14gの超軽量アルミ製iPhone5用バンパー「RECTA」を使ってみた - GIGAZINE

iPhone 5が手回しで充電可能になる薄型ケース「Reactor for iPhone 5」 - GIGAZINE

iPhoneを防水・防塵・耐衝撃に変えるゴリラガラス採用ケース「TAKTIK」 - GIGAZINE

ファミコンなどのゲーム機をふわふわのフェルト製にしたiPhone/Galaxyカバーを作る「rabbitrampage」 - GIGAZINE

iPhone5用カバーを寿司・ケーキ・うなぎの蒲焼・肉じゃがにするとこんなことになる - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.