ムービー

映画「キャプテンハーロック」特報映像公開、ハーロックが宇宙の海を征く


「銀河鉄道999」などの作品で知られる松本零士さんが1972年から1979年にかけて発表した「宇宙海賊キャプテンハーロック」が30年以上の時を経て、映画として“リブート”することになり、その特報映像が公開されました。すでに公式サイトはオープンしていますが、サイトで見られる映像とは違ったカットが含まれています。

宇宙海賊キャプテンハーロック-SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-
http://harlock-movie.com/

公式サイトには2種類のビジュアルとメッセージが用意されています。1つは「己を縛るものと闘え」


もう1つは「全ては自由のために」


あらすじは以下のようなものとなっています。

はるかな未来、もしくは遠い過去かもしれない。
銀河の果てまで進出した時代、残されたフロンティアのなくなった人類は、戻るべき場所=地球への居住権をめぐり紛争を引き起こした。
この紛争の切札として建造された四隻のデス・シャドウ級宇宙戦艦。その四番艦・艦長の名前をハーロックといった。
しかし、英雄と呼ばれたハーロックは終戦とともに姿を消した。
そして次に姿を現した時、彼は艦首に巨大なドクロを刻んだ海賊船を駆る、呪われた宇宙海賊となって政府に叛旗を翻した。
なぜハーロックは姿を消し、海賊となって現れたのか?彼の目的は?
 そして今…、ハーロック暗殺計画が発令された―。


公開された特報映像はこちら。

映画「キャプテンハーロック」特報映像 - YouTube


「全世界を震撼させた“海賊”がいま蘇る」


原作総設定は松本零士。ドクロの旗が見えています。


監督は「APPLE SEED」「EX MACHINA」の荒牧伸志、脚色は「機動戦士ガンダムUC」「亡国のイージス」の福井晴敏。


顔に特徴的な傷跡を持つキャプテンハーロック


「世界が望んだSFアクション出撃」ということで、総製作費は東映アニメーション史上最高額となる3000万ドル(約28億円)の超大作。


映画は2013年秋に公開されます。


©LEIJIMATSUMOTO/CAPTAIN HARLOCK Film Partners

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
21世紀の技術で復活した「キャプテンハーロック」と「ガイキング」のパイロット映像が登場 - GIGAZINE

「宇宙戦艦ヤマト2199」2013年4月からテレビ放送決定、MBS・TBS日曜17時枠 - GIGAZINE

「戦士の銃」や「重力サーベル」など、松本零士作品に出てくる重量感ある銃たち - GIGAZINE

in 動画,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.