バレンタイン仕様のスターバックスのカフェモカはチョコレートの風味が満載だった


2月のバレンタインが近づいてきましたが、そんな時期にピッタリなチョコレートを使ったカフェモカ「バレンタイン チョコレート ブラウニー モカ」(全て税込、Short430円、Tall470円、Grande510円、Venti550円)「バレンタイン チョコレート ブラウニー モカ フラペチーノ」(全て税込、Short450円、Tall490円、Grande530円、Venti570円)がスターバックスより登場です。チョコレートホイップクリーム、ブラウニー、チョコレートソースが使用されており存分にチョコレートの味わいが楽しめそうなので、実際に飲んでみることにしました。

一緒に過ごす時間もギフトになる~バレンタイン チョコレート ブラウニー モカ、バレンタイン チョコレート ブラウニー モカ フラペチーノ~
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2012-823.php

スターバックスに到着。


今回のバレンタイン仕様のチョコレート ブラウニー モカはホイップクリーム、ブラウニー、ソースと3つのスタイルのチョコレートトッピングが楽しめるのが特徴。


左がバレンタイン チョコレート ブラウニー モカ(tallサイズ)、右がバレンタイン チョコレート ブラウニー モカ フラペチーノ(tallサイズ)です。


前回のチョコレート ブラウニー モカと似ていますが、ホイップクリームがチョコレートホイップクリーム、キャラメルソースがチョコレートソースに変わっていて、バレンタインっぽくなっています。


最初は上に乗っているチョコレートソースの絡んだ、サクサクしたブラウニーをもぐもぐ。時間がたつにつれて、チョコレートソースはカフェモカに溶け出し、少しチョコレートの風味をまとったコーヒーの味が感じられるようになります。ただ、少しコーヒーの味が薄く感じられるので、エスプレッソの苦味もしっかりと感じたい場合はちょっと物足りないかも。程よい甘さを楽しみたい場合はこれでOK。冷めてくると、チョコレートの渋みが目立ってくるので、温かいうちに楽しむのが良さそうです。


豪華な見た目のバレンタイン チョコレート ブラウニー モカ フラペチーノ。


チョコレートホイップの層がかなり分厚くフラペチーノにたどり着く前に、じっくりとクリームの甘さを堪能。


冷たいメニューでチョコレートソースは溶けにくく、その分ダイレクトにチョコレートの味が感じられます。サクサクとしたブラウニーはもうちょっと量があればなお良し。


ついにフラペチーノに出会うことができました。外は寒く、一方、店内は暖かい、というかむしろ外との温度差がありすぎて暑く感じることがあるのですが、そんなときにはホットよりもこの冷たいフラペチーノのひんやりとした食感が心地良く感じられます。


大切な方と一緒に楽しむチョコレートドリンク」ということになってはいますが、1人でも十分楽しめました。

・関連記事
サクサク感がデザートっぽいスターバックスのチョコレートブラウニーシリーズ試飲レビュー - GIGAZINE

コーヒーから抽出したカフェイン入りジュース「スターバックス リフレッシャーズ」試飲レビュー - GIGAZINE

「カフェイン抜き」をスターバックスで注文する方法 - GIGAZINE

「スターバックス ヴィア」はスタバで飲む味わいを一体どこまで再現できているのか、その場で飲み比べ - GIGAZINE

スタバ「クランチーキャラメルマキアート」「クランチーキャラメルフラペチーノ」は秋にピッタリな味 - GIGAZINE

51

in 試食, Posted by darkhorse_log