試食

サクサク感がデザートっぽいスターバックスのチョコレートブラウニーシリーズ試飲レビュー


平たく焼いた濃厚なチョコレートケーキが「チョコレートブラウニー」。今回このブラウニーとまろやかなホイップクリーム、濃厚なキャラメルソース、ピーカンナッツと合わせたデザート感あふれる仕上がりとしたのが「チョコレート ブラウニー モカ」(全て税込、Short430円、Tall470円、Grande510円、Venti550円)「チョコレート ブラウニー モカ フラペチーノ」(全て税込、Short450円、Tall490円、Grande530円、Venti570円)。おやつ感覚で楽しめそうな内容で、甘い物が欲しくなる季節にピッタリそうだということで、試してみることにしました。

オリジナルのチョコレートブラウニーと濃厚なキャラメルソースをトッピングした日本限定の特別なカフェ モカ~『チョコレート ブラウニー モカ』 『チョコレート ブラウニー モカ フラペチーノ』が12月26日から期間限定で登場~
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2012-819.php

スターバックスに到着。


今回のお目当ての商品はコレ。スターバックスでは、カカオ分59%のクーベルチュールチョコレートを使用したチョコレートブラウニーを開発して使用しているとのこと。


早速購入してみました。左がチョコレートブラウニーモカのtallサイズで、右がチョコレートブラウニーモカフラペチーノのtallサイズ。


まずは冷めないうちにチョコレートブラウニーモカのホットから。クッキーのように見えるのがチョコレートブラウニーで、まわりにはキャラメルソースがかけられています。


ブラウニーなどはスチームしたミルクの上に乗せられているのですが、エスプレッソの温かさで溶けていき、どんどん下に沈んでいくので注意が必要です。


完全に沈んでしまう前に、チョコレートブラウニーを一口。熱でしっとりとしてチョコレートの甘みがよく立って感じられます。また、キャラメルソースと一緒に食べると濃厚な甘みが感じられ、さらにエスプレッソと共に食べると甘さとほろ苦さが同時に感じられ、味の変化も楽しめます。ブラウニーは早々と沈んでしまい、エスプレッソの中で完全に溶けてしまうとほとんど味が感じられなくなるので、最初のほんの少しの瞬間だけの楽しみと考えておいた方が良さそうです。


次はチョコレートブラウニーモカフラペチーノです。こちらは時間がたってもなかなかチョコレートブラウニーなどは沈みません。


そのため、ゆっくりとチョコレートブラウニーの味を楽しむことができます。香ばしさのあるピーカンナッツをトッピングしキャラメルソースをたっぷりと絡め、さらにミルクの柔らかい甘みを合わせればめちゃくちゃ濃厚な甘さが堪能できます。季節的に冷たいものより温かいものが欲しくはなりますが、ブラウニーなどが溶けない分、デザートっぽさはこちらの方が上。


フラペチーノと合わせるとほんのり苦さが加わります。欲を言えばブラウニーはもう少し大きめで量を増やして欲しいかも、と感じました。


飲み物として楽しむならチョコレートブラウニーモカ、デザートっぽさが欲しいならチョコレートブラウニーモカフラペチーノが合ってそうです。

・関連記事
スターバックスの新しいロゴデザイン、2011年4月からはこんな感じになる予定 - GIGAZINE

「カフェイン抜き」をスターバックスで注文する方法 - GIGAZINE

スタバ「クランチーキャラメルマキアート」「クランチーキャラメルフラペチーノ」は秋にピッタリな味 - GIGAZINE

「スターバックス ヴィア」はインスタントコーヒーを超える存在なのか、「ネスカフェ プレジデント」と比較 - GIGAZINE

「スターバックス ヴィア」はスタバで飲む味わいを一体どこまで再現できているのか、その場で飲み比べ - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log