試食

コーヒーから抽出したカフェイン入りジュース「スターバックス リフレッシャーズ」試飲レビュー


冷たさで夏バテの体を癒やし、なおかつカフェインによって頭もスッキリさせてくれる一石二鳥なドリンクが「スターバックス リフレッシャーズ」(Short:税込380円、Tall:税込420円、Grande:税込460円、Venti:税込500円)。味は2種類あり、ブラックベリーの果肉から広がる美しい色合いやフルーティーな味わいの「ビバレッジ ベリー ベリー ハイビスカス」、ライムの香りや酸味がもたらすすっきりとした爽やかさの「ビバレッジ クール ライム」で、どちらも焙煎前のグリーンコーヒーから抽出したカフェインが含まれているとのこと。

「スターバックス リフレッシャーズ ビバレッジ ベリー ベリー ハイビスカス」「スターバックス リフレッシャーズ ビバレッジ クール ライム」~グリーンコーヒーから生まれる、全く新しいリフレッシュ体験~

お店に到着。


お目当ての「スターバックスリフレッシャーズビバレッジベリーベリーハイビスカス」と「スターバックスリフレッシャーズビバレッジクールライム」を注文する際に、この長い呪文をうまく唱えることができそうになかったので、「ハイビスカスのやつとライムのやつをください」と伝えると……


ちゃんと注文を理解してくれたようで、一安心。バリスタの方がジュースと果肉、氷を合わせてシェイカーを振ってくれるのを見ることができ、何となくぜいたくな気分に。


こうすることでドリンクが一気に急冷され、材料がもつフレーバーとアロマが最大限に引き出されるとのこと。シャカシャカと氷の振られる音が小気味良く店内に響きます。


完成したのがこちら。焙煎前のグリーンコーヒーから抽出したカフェインが入っており、リフレッシュ効果がある、とのこと。


まずは鮮やかな赤色をした「ビバレッジベリーベリーハイビスカス」のVentiサイズ。


何やらゴロゴロと果肉が見えますが、こちらはブラックベリー。


グリーンコーヒーから抽出したカフェインが入っているとのことですが苦みは全くなく、ブラックベリーの甘酸っぱさが溶け出したフルーティーな味わい。この日の気温は30度を超える暑さだったのですが、冷たさと甘酸っぱさによって体がスッと軽くなるような感覚で、バテ気味な体にピッタリな感じ。


プチプチとした感覚のブラックベリーは甘さよりも酸味が強く、それがまた体をシャキッとさせてくれます。これぐらいの大きさのものが6粒ほど入っており、ちょっとしたデザートを楽しんでいるような感じです。


こちらは「ビバレッジクールライム」のGrandeサイズ。


透き通るような淡い色で、見た目にも爽やか。


近づくとライムの香りがかすかに感じられます。


「ビバレッジベリーベリーハイビスカス」は果肉がゴロゴロと入っていることもあり濃厚な味わいですが、こちらの「ビバレッジクールライム」は軽い口当たりの酸味がありさっぱりとした味です。「暑さで疲れ切って何もノドを通らない……」なんてときにはこっちを注文したいかも。


なお、含まれるカフェインの含有量は以下の通り。

◆「ビバレッジベリーベリーハイビスカス」
・Short:25.9ミリグラム
・Tall:42.3ミリグラム
・Grande:56.4ミリグラム
・Venti:70.5ミリグラム

◆「ビバレッジクールライム」
・Short:25.3ミリグラム
・Tall:41.4ミリグラム
・Grande:55.2ミリグラム
・Venti:69.0ミリグラム


コーヒーに含まれるカフェインと比べると少なめですが、ちょっとした気分転換をしたいときにはフルーツの甘みや酸味も加わってオススメです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「カフェイン抜き」をスターバックスで注文する方法 - GIGAZINE

マリファナはアルコールより安全で、危険度はカフェインと同程度? - GIGAZINE

各種飲料に含まれるカフェイン量をまとめたサイト「The Caffeine Database」 - GIGAZINE

コーヒーのカフェイン中毒の歌 - GIGAZINE

コーヒーについて知っておいて損はない15の豆知識 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.