モバイル

次世代高速通信向けの2.5GHz周波数帯、KDDIが内定か


総務省が次世代高速通信向けに、2事業者に2.5GHzの周波数の電波を割り当てる方針であるのに対して、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの4陣営が過酷な争いを繰り広げていますが、朝日新聞社の報道によると、どうやらKDDI陣営が内定したそうです。

残りの1陣営はいったいどこになるのでしょうか。

詳細は以下の通り。
asahi.com:次世代無線、KDDI陣営が確実に 残り1枠に3陣営 - ビジネス

この記事によると、移動しながらでも高速ネット通信ができる次世代高速無線通信について、総務省がKDDIや京セラ、Intelなど6社が出資する陣営に免許を割り当てることが確実な見通しとなったそうです。


ちなみにKDDI、ドコモ、ソフトバンクモバイルの3陣営は次世代高速通信規格として「モバイルWiMAX」を推進していますが、KDDI陣営には「モバイルWiMAX」を提唱したIntelが加わっていることや、すでに他社に先駆けて技術開発と実証実験を本格化させていること、Intelを中心とする国際業界団体「WiMAXフォーラム」を運営する15人の幹事の出身企業に、KDDIが日本の携帯電話会社で唯一名を連ねていることなどが評価されたとのこと。

なお、モバイルWiMAXは時速120kmで移動中でも使用可能で、1つの基地局がカバーできるエリアは1~3km、最大伝送速度は21Mbps。また、4陣営の中でウィルコムのみが現行のPHS技術を発展させた「次世代PHS」を推進していますが、こちらもすでに20Mbps以上の伝送速度を実現しているそうです。

最終的な決定は12月半ばに行われるそうですが、もう1枠はどこが勝ち取るのでしょうか。サービス開始時のエリアや利用価格なども気になるところです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
大容量のデータを効率よく転送する方法 - GIGAZINE

最大15Gbpsの通信速度を実現した無線LANが登場 - GIGAZINE

今までよりも圧倒的に高速で広範囲をカバーできる無線通信技術が登場 - GIGAZINE

ウィルコム、次世代PHSの導入に向けて2.5GHz帯の免許を申請 - GIGAZINE

富士通、ドコモの「Super 3G」向け無線基地局で下り900Mbpsを実現 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ,   モバイル, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.