試食

「じゅわ~とカール ねぎ塩カルビあじ」は味の再現度と後味がすごい


3月27日(火)から全国で販売されている、明治の「カール」の新製品「じゅわ~とカール ねぎ塩カルビあじ」がコンビニで売られていたので、買って食べてみました。

「ねぎ塩カルビ」という変わった味なのと、従来の2倍の大きさのカールということで、いろいろと気になるところがありますが、どのような味なのでしょうか。

詳細は以下の通り。
パッケージ裏面。肉汁したたる焼き上がりのねぎ塩カルビを再現したとのこと。


お皿に出してみました。なんだか本当に一個一個が大きいです。そして部屋中に香ばしいにおいが立ちこめ始めました。早くなんとかしないと。


食べてみた感想ですが、確かにねぎ塩カルビのような味がします。ねぎの風味やレモンを絞った時の酸味が再現されており、かなりそれっぽい。ねぎ塩カルビの味が好きな人は満足できると思われます。

そしてかむと徐々に口の中に味が広がっていくため、「じゅわ~と」という表現にも納得。また、2倍の大きさになっているせいか、口の中にずっと味が残ります。

ちなみに内容量が56gと少なめですが、全体的に濃厚な味わいなため、物足りないと思うことはありません。というより、一人で一袋を完食するのが難しいほどでした。

詳細はこちら。

明治製菓:プレスリリース

・関連記事
うに・まつたけ・かに・和栗のカールを5000名にプレゼント - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log