モバイル

iPhoneが100万分の1の確率で偶然撮影してしまった「あまりにも不思議で奇妙な写真」とは?


AppleのiPhoneやGoogleのPixelなど、ハイエンドスマートフォンには高機能なカメラが搭載されており、誰でも簡単にいつでも美麗な写真を撮影できます。そんなiPhoneのカメラで「決して現実では起こり得ない光景」が偶然撮影できてしまった非常に珍しい例を、カメラ関連のニュースサイトであるPetaPixelが紹介しています。

'One in a Million' iPhone Photo Shows Three Versions of the Same Woman | PetaPixel
https://petapixel.com/2023/11/16/one-in-a-million-iphone-photo-shows-two-versions-of-the-same-woman/


以下は、イギリスのコメディアンであるテッサ・コーツさんがウェディングドレスを試着中にiPhoneで撮影した写真です。一見すると普通の幸せそうな写真に見えますが、よく見ると現実のコーツさんは左腕を下ろし、右腕を腰の前に持ってきているのに対し、、正面の鏡に映っているコーツさんは両手を腰の前で組みさらに、左の鏡に映るコーツさんは両手を下ろしていることがわかります。


この写真はLive Photoやバースト撮影で撮影された写真ではなく、もちろん撮影してから写真編集ソフトなどで合成したものでもなく、iPhoneで「撮って出し」した写真です。あまりにも奇妙な写真に驚いたコーツさんは、路上で完全にパニックになってしまったとInstagramで述べています。

すぐにApple Storeに向かったコーツさんがこの奇妙な写真が撮影されてしまった理由をたずねたところ、対応した技術スタッフは「iPhoneはカメラではなく、コンピューターなのです」と説明しました。

技術スタッフによると、iPhoneはパノラマやバースト撮影でなくても、シャッターボタンを押した瞬間に複数枚の写真を一瞬で撮影しているとのこと。普通は意識されることはほぼありませんが、スマートフォンでシャッターを切ると複数の画像が撮影され、非常に短い時間で複数の画像が組み合わされ、アルゴリズムで処理されて1枚の写真となります。


カメラマンがiPhoneを構えてシャッターボタンを押した瞬間、カメラは左から右に風景を捉えます。そして、被写体であるコーツさん自身が同じタイミングで腕を動かしてしまい、撮影された複数の写真をiPhone内のAIがつなぎ合わせた結果、上記のような写真になってしまったとのこと。

ただし、もちろんこの写真はiPhoneのシャッターを押したタイミング、そしてコーツさんが腕を動かす速度やタイミングなど、さまざまな条件がぴったりとかみ合わないと撮影できない写真であり、技術スタッフは「100万分の1の確率でしか撮影できないものです」と述べています。

PetaPixelは「近年、スマートフォンは画質面で大きな進歩を遂げたが、その大きな進歩はハードウェアの進歩によるものではありません。むしろ写真をスマートフォン内のアルゴリズムで処理する『コンピューテイショナル・フォトグラフィ』がスマートフォンの写真に最も大きな影響を与えています」とコメントしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPhone 15 Pro Maxフォト&ベンチマークレビュー、A17 Proチップ採用&ついにUSB-Cを搭載したiPhone最上位機種の底力とは? - GIGAZINE

5倍望遠&最大48メガピクセルで撮影できるiPhone 15 Pro Maxのカメラで写真やムービーを撮りまくってみた - GIGAZINE

「Pixel 6 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」のカメラの違いを徹底比較したムービーが公開中 - GIGAZINE

5倍望遠カメラを搭載した「iPhone 15 Pro Max」のカメラ性能まとめ、望遠カメラでもブレ皆無で鮮明な写真を撮影可能 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.