レビュー

プライバシー重視ブラウザ「DuckDuckGo」のWindows向けベータ版が登場


ユーザーのプライバシーを重視する検索エンジン・DuckDuckGoが、2022年4月にリリースしたMac向けのデスクトップブラウザ「DuckDuckGo for Mac」ベータ版から遅れること1年で、Windows向けの「DuckDuckGo for Windows」のベータ版を公開しました。

Download DuckDuckGo for Windows (beta)
https://duckduckgo.com/windows


ページにアクセスすると、自動的に「DuckDuckGo.appinstaller」という824バイトのファイルがダウンロードされます。ブラウザをインストールするために、このインストーラーを起動します。


インストール画面。「インストール」をクリックすると必要なファイルのダウンロードとインストールが行われます。


ブラウザの画面が開きましたが、まだ初期設定は終わっていません。「Get Started」をクリック。


ブックマークとパスワードのインポートについての質問があるので、環境を移行する人は「Import」をクリック。今回は何も引き継がないので「Maybe Later」をクリックして進めます。


次に、DuckDuckGoをデフォルトのブラウザにするか聞かれます。これは後から設定可能なので「Maybe Later」をクリック。


「You're all set!」ということで初期設定が完了、DuckDuckGo for Windowsを使えるようになりました。


右上にある「…」のアイコンをクリックするとメニューが表示されます。


メニューの中身はこんな感じで、「New tab(新しいタブ)」「New window(新しいウィンドウ)」「Bookmarks(ブックマーク)」など一般的なウェブブラウザと同様。「Email Protection(Eメール保護)」があるのが、ユーザーの保護に力を入れているDuckDuckGoらしいポイントかも。「Settings(設定)」を開いてみます。


設定一覧。「General(一般)」の設定項目はデフォルトブラウザにするかどうかと、起動時に前回のウィンドウとタブを復元するかどうかの2つ。「Appearance(外観)」はテーマとズーム。「Privacy(プライバシー)」で、Cookieに関するポップアップの処理をDuckDuckGoに任せるかどうか、Global Privacy Control(GPC)をオンにするかどうかを設定できます。


このほか、タブを開くと右上に設定アイコンが出現します。


クリック時に表示されるメニューはこんな感じ。記事作成時点で、ブラウザのメニュー類は日本語表記に対応していませんが、タブからアクセスするDuckDuckGoのサービスは日本語で利用できます。ここでは、「すべての設定」をクリックしてみます。


「すべての設定」の内容は大きく3つに分かれています。1つ目は主要な設定を行える「一般」。


2つ目は「外観」


3つ目は「プライバシー」


タブを右クリックしたときのタブメニューは「Dublicate Tab(タブの複製)」「Bookmark this page...(このページをブックマーク)」「Close(閉じる)」の3つ。


メニューバー右上には「最小化」「最大化」「閉じる」の3つのアイコンとともに「炎」のアイコンがあります。


これをクリックすると全タブを閉じた上でサイトデータを消去します。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「DuckDuckGoのプライバシー拡張機能が無断でブラウザ内にポップアップメッセージを挿入してくる」とユーザーが非難してCEOが直々に釈明 - GIGAZINE

DuckDuckGoのブラウザがついにMicrosoftのトラッカーをブロック - GIGAZINE

DuckDuckGoが検索結果から海賊版サイトとyoutube-dlを削除したという報道 - GIGAZINE

DuckDuckGoがAIを活用した検索クエリ応答機能「DuckAssist」を発表、Wikipediaやブリタニカ百科事典などから答えを引っ張ってくる仕組み - GIGAZINE

GoogleとMicrosoftが大量のスパム広告をDuckDuckGoなどの小規模検索エンジンに表示させていることが判明 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.